着物買取大辞典

悪質・危険な出張買取業者に騙されないための基礎知識

礼子

礼子
こんにちは。「着物買取大辞典」管理人の礼子です

着物を買い取ってもらいたいけれど・・TVニュースやインターネットで

「無理矢理買い取られた事例」「押し買い被害」等を聞いて不安になってしまった方も多いのではないでしょうか。

このサイトで紹介し、オススメしている着物買取業者は

筆者が実際に査定を依頼して、買い取ってもらい確認している業者のなかで

特に安全な業者だけを厳選して紹介しておりますが、やはり不安だと言う方や

「このサイトに載っていない業者に頼んでみたいんだけど大丈夫かな?」と
思われているかたもいらっしゃるかと思います。

そこで、今回は、悪質危険な出張買取業者を見極めるポイントや

気をつけていきたい部分を簡単にご説明したいと思います。

処分したいけれどどの業者に頼めばいい?悪質な業者がいるって本当?と不安に思われている方はぜひ一読いただければ幸いです。

違法行為を行うような悪質業者は、そう多くはないのですが悪質業者は全国各地に存在し、法改正後も被害に遭われている方が少なくないのが現状です

とにかく安全で安心して買取を依頼できる業者を探している!という方にオススメしたい業者が

坂上忍のテレビCMでも有名なバイセル という着物買取業者です。

査定だけの依頼も気軽に出来て依頼から査定、現金買取までがとにかく早くて対応も丁寧ですし、

査定料・キャンセル料は一切無料で、アフターフォローもどの業者よりも手厚いです。

買取金額もそこまで安いという訳でもなく、私は着物を最高1着15000円でバイセルに買取してもらいました!

公式サイトから簡単に査定依頼・着物買取の相談ができますのでぜひ一度問い合わせをしてみては如何でしょうか。

>>【バイセル】着物買取公式サイトはこちら

悪質危険な出張買取業者の見極め方とは?

まずは、簡単にわかる悪質買取業者の見極め方をお伝えします。

見極め方のポイントとしては、

  • 違法行為をしていないかどうか
  • 個人情報をどこかから入手している業者ではないか?

というところが大きなポイントとなります。以下に詳しく書いていきます。

飛び込みでの買取業者の訪問営業・勧誘は違法行為です!

平成25年2月21日、特定商取引法が改正され、飛び込みでの買取勧誘は禁止されています。

なので、飛び込み営業で買取勧誘をしてくる業者は悪質危険な業者です。

飛び込みでの買取勧誘は、震災元年の2011年が最も多く「被災地で必要な医療機器に使う為の金が不足している」

等といって、現金に変えられる貴金属を持っていないかどうかを訪ね、少しでも持っていることを話題にしたら最後、

こちらの意思を無視して無理矢理貴金属を安値で買い取って行ったり、

買取を断っても、買取に承諾するまで玄関に居座る「押し買い」と呼ばれる違法行為を働く業者がとても多かったそうです。

※押し買い行為は飛び込み営業でなくても違法行為です!

飛び込みでの買取勧誘は法改正された後は減少傾向にありますが、

その認知度が低いせいなのか・・まだまだ押し買いなどの違法な買取営業をしている業者もいて被害は絶えないようです。

万が一、そのような業者が家に来て玄関のドアを開けてしまった場合は、丁重にお断りをして、しつこいようでしたら警察を呼びましょう!

電話での買取営業は法律上認められているが・・

買取業者の飛び込み営業は違法と先ほどお伝えしましたが、

事前に買取勧誘の電話がかかってきた上で、電話にて査定を依頼し

その後出張査定~買取をすることは法律では認められています。

ですが、

礼子

礼子
ウチの電話番号をどこで知ったの?!どこから情報が漏れているの?

と不安になられる方がほとんどだと思います。

なので、電話で買取のアポを取ってくる業者も原則としてお断りした方が良いです。

また、テレアポで営業をしてきて、出張買取に家にきた業者は、

最初は「着物を高値で買い取る」とうまいことを言っていたにも関わらず、

着物を査定したあとに

悪徳業者

悪徳業者
着物は高くは買い取れないので、貴金属・切手やテレカなどの金券は無いでしょうか?

などと、他の品目を持っているかどうかをしつこく聞いてくるなどして

事前に買取品目の説明や査定額の説明などもないまま、他の品目の買取勧誘を行い、

半ば無理やり且つ安値で買い取っていく業者が多数いますので、本当に注意が必要です。

まとめ・・まっとうな買取業者はいきなり家にやってきたり・・ましてやいきなり電話をかけてくることはありません。

出張買取の際に分かる!悪質業者の見極めポイント

とはいえ、「飛び込みやテレアポではないけれど買取業者に出張買取の査定依頼をしている!」というかたも

もしかしたら居るかもしれませんね。

出張買取を行なっている業者の全てが悪質業者な訳ではありませんし、真っ当に頑張って働いている業者が殆どです。

下記では、出張買取にきた際、真っ当な業者なのかどうかを知るための見極めポイントをいくつかご紹介します。

悪質業者の見極めポイント1・古物商許可証をを携帯しているか。

古物営業法により、着物を買取する際には都道府県公安委員会の許可が必要です。

また、取引の際には許可証の携帯をしなくてはなりません。

古物商許可証を提示をしていない、そもそも持っていない方が買取をすることは出来ません。

最初に古物商許可証を提示してもらうよう頼み、持っていない業者さんには早々に帰っていただきましょう。

2・事前に買取品目の種類を明示、説明をしてくれているか

「着物だけを買い取る」と言って訪問してきたのに、

後からいきなり「貴金属、切手を買い取らせて欲しい」

と勧誘することは法律で禁止されています。

また、売る側が「売りたくない」と意思表示をしているにも関わらず

悪質業者

悪質業者
今売らないと安くなってしまいますよ!今が一番高値ですよ!
悪質業者

悪質業者

交通費かけてここまで来ているんだ!何も持って帰らないわけにはいかない

等と言って、その場に居座り威圧的な半ば強制的に買い取る行為も違法行為です。

査定をする前に、事前に買取品目の説明が口頭だけではなく書面を通して丁寧にしてくれているかも気をつけて見ていきましょう。

売りたい商品の買い取り品目の事前説明が無い場合は

「○○は無いか?」と業者が聞いてきた場合は違法行為ですので丁重に買取をキャンセルしてください。

もちろん、事前に買取品目の説明があった場合でも見せたくなければ、売るつもりも全く無ければ

「ありません」とはっきり答えてお断りをすれば大丈夫です。

また、後に記載するクーリングオフ制度の説明はなされているかどうかも重要なポイントです。

その際、買取業者の連絡先などを明記した書類を必ず貰いましょう。

3・売買契約書の控えをもらえるか

買取を承諾する場合は必ず売買契約書の控えを受け取り、

きちんと買い取ってもらった品名や品目数、買取金額が明記されているかを必ずチェックしましょう。

嘘みたいな話ですが、違法な出張買取をする販売業者は、買い取った証拠を残したくないので

売買契約書を取り交わすこともなく、取り交わしたとしても、

買い取った品目の記載すら無い場合が殆どだそうです。

売買契約書を一読し、査定金額や品目に疑問点があれば必ず質問をしましょう。

まっとうな査定員であればすぐに、親切に答えてくれます。

受け取った日を含めて8日以内であれば無条件での契約解除が可能(クーリングオフ)

着物を売ってしまった後で「あぁ・・やっぱり思い入れの強いモノだったから売りたくないな・・」と

思うことも、よく有ることだと思います。そんな場合でも、

買取業者に着物を手渡ししたその日から8日以内であれば

契約解除、契約だけをして品物を渡していない場合でも引き渡しを拒否することができます。

悪質な業者は「クーリングオフは出来ない」と言う他、

契約書に「クーリングオフ不可」と特約で記載をしたりしますが、これらは全て無効です。

クーリングオフを利用した場合、買取代金を返金する必要がありますが

違約金、キャンセル料等と言ったお金は一切支払う必要はありません。

代金を支払う費用(振込手数料等)も、買取業者が負担をします。
(これらは特定商取引法で定められています。)

先ほど記載した内容と重複してしまいますが

査定した品目に対しての金額や個数や特徴などを記載した契約書、後ほど説明するクーリングオフや

会社への電話窓口についての記載がある書類をくれるかどうかも、注意して見ていきましょう。

また、自動車(2輪車は除きます)、本、CD、DVD、ゲームソフト、有価証券、家具、大型家電は

クーリングオフの対象外となっているので、万が一着物と一緒に売る際には注意が必要です。

悪質な買取業者は嫌!というかたにオススメな着物買取業者は?

悪質な買取業者と関わらないようにするためには、身を守るという意味でも

依頼者側である私たちもある程度知識があった方が悪質業者に遭遇する確率は低くなると言えます。

また、真っ当な買取業者であっても、こちらがある程度出張買取についての事前知識があると分かれば

買取業者の対応も、変わってくるような印象を受けました。

もし、安心できる業者に査定を依頼したいと思われているのであれば、

管理人がいろいろな業者に買い取って貰った中でも

親切丁寧に対応して下さったバイセル という買取業者がオススメです。

バイセルは坂上忍を起用したCMでも有名な買取業者で、買取業者のイメージ査定依頼時の電話も大手企業のコールセンター並に丁寧ですし

査定時ももちろん、アフターフォローやクーリングオフの説明もきちんとあり安心できて、好感が持てました。

査定後、買取キャンセルを申し出ても全く嫌な顔などされず、

バイセル

バイセル
もし他の業者さんと比較して、他の業者さんの方が査定金額が低かった場合は、またお願いします

と丁寧に対応してもらえたので、断る際も全く気を遣ったり罪悪感を感じるということはありませんでした。

査定金額の見積もりだけの依頼や、キャンセル料や査定料なども無料ですので気軽に相談が出来ます。

さらに、私の場合、バイセルで最高1着15000円で着物を買取してもらうことができました。

着物を売りたいけれど悪質業者に遭遇するのだけは嫌!という方は

公式サイトから簡単に査定依頼・着物買取の相談ができますのでぜひ一度問い合わせをしてみては如何でしょうか。

 

スピード買取は、2018年7月よりサービス名をバイセルに改めました。サービス内容は特に変わることは無いとのことです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)