着物買取大辞典

悪質・危険な訪問買取業者に騙されないための基礎知識

着物を買い取ってもらいたい・・処分したいけれどどの業者に頼めばいいの?

ニュースやインターネットで「無理矢理買い取られた事例」等を聞いて不安になった・・。

このサイトで紹介し、オススメしている着物買取業者は

筆者が実際に査定を依頼して、買い取ってもらい確認している業者のなかで

特に安全な業者さんだけを厳選して紹介しておりますが、やはり不安だと言う方や

「このサイトに載っていない業者に頼んでみたいんだけど大丈夫かな?」と
思われているかたもいらっしゃるかと思います。

そこで、今回は、悪質危険な出張買取業者を見極めるポイントや

気をつけていきたい部分を簡単にご説明したいと思います。

悪質危険な出張買取業者を事前に見極める方法

平成25年2月21日、特定商取引法が改正され、飛び込みでの買取勧誘は禁止されています。

飛び込みでの買取勧誘は、震災元年の2011年が最も多く「被災地で必要な医療機器に使う為の金が不足している」

等といって、無理矢理貴金属を安値で買い取っていく「押し買い」行為が多かったそうです。

飛び込みでの買取勧誘は法改正された後は減少傾向にありますが、

その認知度が低いせいなのか・・まだまだ違法な買取営業をしている業者もいて被害は絶えないようです。

なので、突然家にやってきて「○○を買い取らせて下さい!」と行ってくる業者は悪質業者だとはっきり言えます。

万が一、そのような方が来てしまったらお断りをして、しつこいようでしたら警察を呼びましょう!

ただし、事前に買取の営業の電話がかかってきて、電話にて承諾して査定~買取をすることは認められています

その電話番号はどこから漏れたの?!と不安になりますよね・・。

なので、電話で買取のアポを取ってくる業者も原則としてお断りしましょう。

最初は「着物を買い取る」と言っていたにも関わらず、

着物を査定したあとに「貴金属はないか」「切手やテレカは無いか」といって

事前に買取品目の説明や査定額の説明などもなく買い取っていく業者が多数います。

その殆どが飛び込みで出張買取をしてきた、または電話でのアポを業者から取ってくる業者です。

まっとうな買取業者はいきなり家にやってきたり・・ましてやいきなり電話をかけてくることはありません。

出張買取をしてもらう際に見るポイント

1・古物商許可証をを携帯しているか。

古物営業法により、着物を買取する際には都道府県公安委員会の許可が必要です。

また、取引の際には許可証の携帯をしなくてはなりません。

古物商許可証を提示をしていない、そもそも持っていない方が買取をすることは出来ません。

最初に古物商許可証を提示してもらうよう頼み、持っていない業者さんには早々に帰っていただきましょう。

2・事前に買取る物品の種類を明示、説明をしてくれているか

「着物を買い取る」と言って訪問してきたのに、

後からいきなり「貴金属、切手を買い取らせて欲しい」

と勧誘することは法律で禁止されています。

また、売る側が「売りたくない」と意思表示をしているにも関わらず

「今売らないと安くなってしまいますよ!」「今が一番高値ですよ!」
「交通費かけてここまで来ているんだ!何も持って帰らないわけにはいかない」

等と言って、その場に居座り威圧的な半ば強制的に買い取る行為も違法行為です。

査定をする前に、事前に買取品目の説明が口頭だけではなく書面を通して丁寧にしてくれているかも気をつけて見ていきましょう。

売りたい商品の買い取り品目の説明が無い場合は

「○○は無いか?」と業者に聞かれても、査定してもらう必要はありません。

もちろん、説明があった場合でも見せたくなければ、売るつもりも全く無ければ
「ありません」とはっきり答えれば大丈夫です。

また、後に記載するクーリングオフ制度の説明はなされているかどうかも重要なポイントです。

その際、買取業者の連絡先などを明記した書類を必ず貰いましょう。

3・売買契約書の控えをもらえるか

買取を承諾する場合は必ず売買契約書の控えを受け取り、

きちんと買い取ってもらった品名や品目数、買取金額が明記されているかを必ずチェックしましょう。

嘘みたいな話ですが、違法な出張買取をする販売業者は、買い取った証拠を残したくないので

売買契約書を取り交わすこともなく、取り交わしたとしても、

買い取った品目の記載すら無い場合が殆どだそうです。

売買契約書を一読し、査定金額や品目に疑問点があれば必ず質問をしましょう。

まっとうな査定員であればすぐに、親切に答えてくれます。

受け取った日を含めて8日以内であれば無条件での契約解除が可能(クーリングオフ)

着物を売ってしまった後で「あぁ・・やっぱり思い入れの強いモノだったから売りたくないな・・」と

思うことも、よく有ることだと思います。そんな場合でも、

買取業者に着物を手渡ししたその日から8日以内であれば

契約解除、契約だけをして品物を渡していない場合でも引き渡しを拒否することができます。

悪質な業者は「クーリングオフは出来ない」と言う他、

契約書に「クーリングオフ不可」と特約で記載をしたりしますが、これらは全て無効です。

クーリングオフを利用した場合、買取代金を返金する必要がありますが

違約金、キャンセル料等と言ったお金は一切支払う必要はありません。

代金を支払う費用(振込手数料等)も、買取業者が負担をします。
(これらは特定商取引法で定められています。)

先ほど記載した内容と重複してしまいますが

査定した品目に対しての金額や個数や特徴などを記載した契約書、後ほど説明するクーリングオフや

会社への電話窓口についての記載がある書類をくれるかどうかも、注意して見ていきましょう。

また、自動車(2輪車は除きます)、本、CD、DVD、ゲームソフト、有価証券、家具、大型家電は

クーリングオフの対象外となっているので、万が一着物と一緒に売る際には注意が必要です。

・・・いかがでしたでしょうか

悪質な買取業者と関わらないようにするためには、身を守るという意味でも

こちらもある程度知識が無いといけません!

このサイトでご紹介している業者は大丈夫だと保証いたしますが・・

こちらがある程度、出張買取についての知識があると分かれば業者さんの対応も、変わってくるように思います。

もし、査定を依頼するのであれば、管理人がいろいろな業者さんに買い取って貰った中でも

特に買取品目が多く、親切丁寧に対応して下さったスピード買取 をお勧めいたします^^

査定依頼時の電話も大手企業のコールセンター並に丁寧ですし

査定時ももちろん、アフターフォローやクーリングオフの説明も

きちんとあり安心できて、好感が持てました。よろしければぜひ!

キャンセル料や査定料なども無料ですし、こちらの負担も無いので気軽に相談が出来ますよ。

着物買取を得意としている会社があります


処分に困っている着物を、自宅に居ながら無料で丁寧に見積をして買い取ってくれる会社があります。

「着物の事はよく分からないし、ノーブランドだし・・古いから・・」と諦めて捨ててしまう前に、一度買取査定を依頼してみるのはいかがでしょうか?

着物の買取を頼みたいけど・・買取価格がつかなかったら?
押し買い等の対応が怖くて・・なかなか踏み切れない・・

とお悩みの方の参考になればと思い、管理人自ら、訪問査定&宅配査定を依頼し、着物を買取って頂いた記録を載せています。ぜひ、ご覧下さいませ。

管理人が実践&取材! 着物の訪問買取記録はこちら

管理人が実践&取材! 着物の宅配買取記録はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)