着物買取大辞典
CATEGORY:着物・小物の価格相場

着物・和装小物の価格相場について

管理人 礼子

管理人 礼子
こんにちは。「着物買取大辞典」管理人の礼子です。

着物と一口に言っても、着物には実は様々な種類があります。

婚礼やお祝いの時など特別な時に着る着物もあれば、お仕事や普段のオシャレ着として着る着物もあります。

着物を着るときに使う小物(帯、帯締め、帯揚げ、草履など・・)その種類や数も様々です。

そこで、ここではその着物の種類や小物の種類、価格相場について

ざっくりではありますが、まとめていきたいと思います。

種類別、着物の特徴&買取価格相場まとめ

それでは、買取可能とされる着物の種類や特徴をまとめていきます。

ただ、着物の種類を羅列していくのもつまらないので、買取価格が高くなりやすい着物の種類順にご紹介していきますね。

また、着物に関しては全てが1点物なので、

はっきりと「この着物なら●●円」と言うことは出来ませんし

実際に査定して貰わないと分からない部分がたくさんありますので

本当に今持っている着物の価値を知りたい方は是非査定を依頼してみてくださいね。

※他のページと書いてある内容が一部重複する部分が出てくるかと思いますがご了承下さいませ。

1・訪問着

訪問着とは、準礼装の着物で

同じ絵柄や模様がまんべんなく描かれているのではなく

縫い目にまたがって模様が付いている絵羽模様が描かれているのが特徴です。

結婚披露宴などのお祝いの席やパーティ、卒業式、入学式、お見合い

結納、格式の高いお茶会などに着ていくことが多く

未婚、既婚問わず着る事が出来るので買取価格は高めとなっています。

安くても大体1000円くらい・・人気作家の着物だったりすると数万円の値段が付く場合があります。

2・付下げ

訪問着の着用が禁止されていた時に考案された着物で

訪問着同様絵羽模様が描かれているのですが、その色柄は小ぶりで地味

縫い目にまたがって豪華に描かれていない着物です。

柄のむきが全て上を向くように描かれているのが特徴です。

訪問着より地味でありながら、訪問着と同格で、人気も高いので

こちらも訪問着同様、安くても1000円くらいから・・上は数万円の値段がつきます。

3・振袖

ご存知、成人式を始め、結婚式や婚礼パーティの時などのお祝いの席に着る着物です。

主に未婚の若い女性が着る着物のため、訪問着や付下げに比べて着る人が少ないというのが現状ですが

色柄が比較的地味なものであれば、袖を切って仕立て直して訪問着として活躍させることができるので

比較的高値で取引される事もあります。

安いものでも800円くらいから取引され、有名作家や名の知れた工房の製作した振袖ですと数万円で買取される着物もあります。

4・留袖(色留袖・黒留袖)

こちらもご存知、既婚者の第一礼装とされる着物です。

黒留袖は5つ紋が付いており、親族や家族の結婚式に着る着物です。

色留袖は、5つ紋、3つ紋、1つ紋の物があり、紋の数で格式がの高さが変わってきます。

留袖に関しては、親族や家族の結婚式の時だけにしか着る事の出来ない黒留袖よりも、

着回しがある程度聞く色留袖の方が若干高値で取引される傾向があります。

価格は800円くらいから、有名な作家のものでも1万円くらいの取引額になることが多いと言うことです。

5・紬

紬は、紬地に色柄を後から描いた訪問着、付下げタイプのものもありますが

ここでは純粋に織りの着物として作られた紬の着物の説明をいたします。

紬は織りの着物で、軽い着心地であるにも関わらず生地がパリッとしているのが特徴です。

日本三大紬の大島紬、結城紬、牛首紬が特に有名ですが

出回っている数の少ない紬は高値で取引されますが

写真のような紺色のオーソドックスな柄の大島紬はただの小紋の着物として扱われるため

相当安値で取引されます。(1着大体500円とか・・)

結城紬ですと1000円くらいから~1万円くらい

牛首紬だと希少性が高いので1万円くらいから値段の付くことが多いようです。

一見して「これはどこの紬なのか正直分からない!」と思う場合は

着物の査定を得意としている業者に査定してもらったほうがいいですよ!

6・色無地・小紋

色無地とは、その名の通り、絵柄が全く無い着物の事を言います。

色は一色ですが、綸子(糸の織り方を変える事で模様を描き出す)で模様が描かれているものもあります。

紋付きのものは格が高くなりますが、その分買取されづらいというデメリットもあります。

また、小紋は、上下方向関係無くまんべんなく生地に模様が描かれている着物です。

小さな細かい柄がびっしり描かれている物から

大ぶりの柄が、広めの間隔で描かれているものまで、様々ありますが

こちらは、礼装、正装として着ていくことはできません。

洋服でいうと、総柄ワンピースのようなイメージでしょうか。

色無地と小紋は特に値段が付きにくく、

大体が1着100円~200円。

有名な作家や伝統工芸師の制作した物でも1000円~2000円くらいになることが多いです。

7・七五三の着物、のしめ

こちらははっきり言って値段が付かない事が多いのですが

七五三の着物に関しては、帯や草履バッグセットなど一式揃っていれば

すぐに再販できるので買取して貰える場合もよくあります。

それでも1セット1000円くらいだと考えられます。

七五三の前の夏の終わりなど・・時期も関係してくる傾向があります。

詳しくは買取業者に問い合わせてみてください。

帯や小物は買取できるの?

帯に関しては、名古屋帯、袋帯は高価買取出来る物もたくさんあります。

龍村美術織物などの有名な工房や、人間国宝の作家が描いた帯などは、1本で数万円の値段がつくこともしばしばあります。

また、ノーブランドの物であっても袋帯に関しては

場合によっては着物以上の値段が付きます。

袋帯の価格は、安いもので500円くらいから。。高くて数万円と幅が広いのも特徴です。

名古屋帯は、あまりに古くて深い織りシワがついてると

買取金額が付かない場合もありますが、こちらもやはり300円くらいから数万円と価格の幅が広いです。

小物に関しては、高くは無いが未使用品なら買取は可能

小物に関しては、買取不可とする業者さんも少なくないのですが

小物も積極的に買取してくれる業者さんでは値段が付きます。

例えば、この箱に入った五嶋紐の帯締め・・こちらは買取価格は1500円でした。

数百円~2000円くらいの値段が付くことがあると言った感じです。

まとまった数があると、少し高めに買取してもらえることもあるそうです。

着物の買取価格を知りたい場合はスピード買取に問い合わせるのがおすすめ

着物や小物の。。自分なりに「これが相場なのかな?」と言った価格などを

独断でお伝えしていきましたが、やはり着物というのは購入した時と同じくらいの値段で売れると言うことは、まずありません。

しかし、着物は基本的に一点物なので、実際に見てもらわないとそのはっきりした査定価格は分からないものです。

スピード買取という買取業者は、着物の査定を得意とした査定員が常駐しており

依頼をすればその日のうち~翌日にはお手持ちの着物の査定に来てくれます。

査定料もキャンセル料も無料なので、着物の価格相場を知りたい場合査定をしてもらうととても便利ですよ。

>>スピード買取・着物買取キャンペーンサイトはこちら