着物買取大辞典
CATEGORY:化繊・交繊の着物

化繊(ポリエステル)や交織(ポリエステル+正絹)の着物買取について

管理人 礼子

管理人 礼子
こんにちは。「着物買取大辞典」管理人の礼子です。

化繊の着物は洗濯もしやすいですし、着付けの練習着や

お稽古事などで使って持っていると言った方も非常に多いですよね。

もう化繊の着物が要らなくなったから処分したい方も多いのではないでしょうか

今回は、化繊の着物は買取出来るのか?という点について

詳しくお伝えしたいと思います。是非ご覧ください

化繊や交繊の着物は、なかなか値段が付かない

着物買取業者の公式サイトなどを見てみると

「正絹(絹100%)でない着物でない着物でも高く買い取りますよ!」

といううたい文句を時々見かけますが、これははっきり言って嘘です。

正しく言えば、「正絹でない着物でも買い取り実績がありますよ」と言うことなんです。

実際は・・化繊の着物は一度でも使用すると買取金額は付かないことが殆どです。

未開封品ならば、買取して貰えることもありますが、それでもやはり買取金額は微々たるものです。

化繊(交織も含む)と正絹の見分け方

しかし、お手持ちの着物が化繊なのか正絹なのか一見して分からない!と言う方も多いと思います。

実は、コレ!といった化繊か正絹かを見分ける方法はないのが現状です。

最近のポリエステルの着物はシルックともよばれて風合いを絹に似せておられているので

素人には、見分けるのはとても難しいです。

化繊か正絹かを見分ける唯一の方法は、手で触って確かめる・・という方法です。

当然ですが、化繊と正絹では手触りが明らかに違います。

文面ですとうまくご説明できなくて申し訳ないのですが、正絹の生地は

化繊に比べて手触りも質感もなめらかで、少し重みがあります。

一方、化繊の着物は風合いは軽いのですが手触りは質感は正絹に比べてやや劣ります。

正絹か化繊かをしっかりと見極めるには、やはり着物の専門知識のある方に見てもらわないと分からないのです。

着物の専門家、詳しい査定員が居ない業者に気をつけて!

着物に詳しい査定員が明らかに居ない業者には注意をしましょう。

彼らは、正絹や化繊の違いも分からないのでどんな着物でも一様に安い値段で査定してきます。

そして、そのような買取業者はなぜその値段がついたのか?と言うことを

詳しく説明することはありません・・というより、出来ません。

だって、着物についてはド素人で、着物の買取などするつもりはなく

本当は貴金属やブランド物の買取が目当てなのですから・・。

どの着物も明らかに安すぎる・・と思ったら買取はキャンセルをすべきです。

きちんと着物に精通している査定員さんでしたら

着物一つ一つの値段を瞬時に答えることが出来ますし

「この着物はこういう理由で安くなってしまった・・」ときちんと丁寧に説明出来ます。

たとえ、化繊の着物ばかり持っていたとしても、嫌な顔せずに丁寧に査定をしてくれます。

化繊の着物でも、喜んで査定をしてくれる業者さんにまずは問い合わせしてみましょう!

着物買取を得意としている会社があります


処分に困っている着物を、自宅に居ながら
無料で丁寧に見積をして買い取って下さる会社があります。
「着物の事はよく分からないし、ノーブランドだし・・古いから・・」と諦めて捨ててしまう前に、一度買取査定を依頼してみるのはいかがでしょうか?

着物の買取を頼みたいけど・・買取価格がつかなかったら?
押し買い等の対応が怖くて・・なかなか踏み切れない・・(><)

とお悩みの方の参考になればと思い
管理人自ら、訪問査定&宅配査定を依頼し、着物を買取って頂いた記録を
載せています。ぜひ、ご覧下さいませ^^

管理人が実践&取材! 着物の訪問買取記録はこちら

管理人が実践&取材! 着物の宅配買取記録はこちら