着物買取大辞典
CATEGORY:名古屋帯

名古屋帯の買取について

管理人 礼子

管理人 礼子
こんにちは。「着物買取大辞典」管理人の礼子です。

名古屋帯は結びやすく、普段使いからちょっとしたお出かけなどあらゆるシーンで大活躍します。

しかし、着物を着ない人にとっては重たいし、かさばるし、かといってむやみに捨てることも出来ないし

着物と一緒に名古屋帯もたくさんあって処分に困っている方は多いです。

名古屋帯も、実は着物と同様買取が可能ではあるのですが

名古屋帯の買取価格なんて見当もつかないし、着物と比べると安くなってしまうのかどうかも気になるところですよね。

そこで、ここでは名古屋帯の買取価格相場やどのような帯が高く売れるのかという点について

簡単にご説明させていただきます。ぜひご覧ください。

名古屋帯の買取価格相場

名古屋帯は、その買取価格も0円~数万円ととても幅広いです。

私の経験談ですが、名古屋帯に関しては、使い込んでいるものに関しては値段がつかないことがあります。

古くても、折り目やシワの少ないもの、よれていないものであれば数百円の値段が付きます。

新しい名古屋帯であれば数千円の値段がつくこともあります。

さらに有名な織元や作家、人間国宝の作品などですと希少価値の高いものですと数万円の値段がつくこともあります。

どんな名古屋帯が高く売れるの?

ここでは、どんな名古屋帯が高く売れるのか、高値で買い取ることのできる名古屋帯の種類についてまとめてみました。

実は、帯に関しては正絹でなくてもとても高価な買取価格が付くことがあります。

この帯は・・素材が何なのか正直よくわからない・・と言うものでも査定をしてもらうと

思わぬ高額査定になることも十分ありえます。

有名作家や人間国宝の手がけた染め帯

白生地に友禅染や絞り染め、ろうけつ染めなどを施した帯を染め帯といいます。

人間国宝の手がけた名古屋帯ですと、高いもので10万円の買取価格がつくものもあります。

紬の帯

正絹で出来た紬の記事で作られた帯もとても人気があるため

買取価格もやや高めに設定されています。

紬の産地などにもよりますが、日本三大紬の一つ、牛首紬の名古屋帯などはやはり1万円ちかい値段が付くことがあります。

科布・芭蕉布など植物繊維から出来た貴重な帯

科布、芭蕉布はその地方に自生する植物の繊維から作られる帯で

とても希少価値の高い帯になります。

そのため、こちらは正絹ではなくても正絹以上のお値段で査定されうことがあります。

名古屋帯は使う頻度が高いので売れる可能性が大!まずは査定をしてもらいましょう

名古屋帯は金銀の糸や箔をつかっているものは各があがるので訪問着や付下げと一緒に着用が出来ます。

逆にそれ以外の帯は、小紋、紬などの普段の着物に合わせることが多いとされています。

訪問着や付下げから普段の着物に合わせられるという点で、名古屋帯は着物を着る人にとっては

欲しいという方が多いので、買取価格は高くなる事もあります。

しかし、どんな帯であっても、実際に着物買取業者に見てもらわないと始まりませんし

正確な価値も分かりません。もしかしたら、お小遣い程度のお金には変えられるかもしれません。

見積をして貰わずに、タダで捨ててしまうのは勿体ない事です。

着物の査定を得意としている業者にぜひ、問い合わせてみると良いですよ。

着物買取を得意としている会社があります


処分に困っている着物を、自宅に居ながら
無料で丁寧に見積をして買い取って下さる会社があります。
「着物の事はよく分からないし、ノーブランドだし・・古いから・・」と諦めて捨ててしまう前に、一度買取査定を依頼してみるのはいかがでしょうか?

着物の買取を頼みたいけど・・買取価格がつかなかったら?
押し買い等の対応が怖くて・・なかなか踏み切れない・・(><)

とお悩みの方の参考になればと思い
管理人自ら、訪問査定&宅配査定を依頼し、着物を買取って頂いた記録を
載せています。ぜひ、ご覧下さいませ^^

管理人が実践&取材! 着物の訪問買取記録はこちら

管理人が実践&取材! 着物の宅配買取記録はこちら