着物買取大辞典
CATEGORY:色無地

色無地の着物の買取について

管理人 礼子

管理人 礼子
こんにちは。「着物買取大辞典」管理人の礼子です。

母や祖母が卒入学式に着ていた色無地を持て余している。

冠婚葬祭でも着回し出来ると言って購入した色無地だけどもう着る機会はない。

という方も多いのではないでしょうか。

色無地は、紋をつければ格も上がりますし、帯とのコーディネートで

カジュアルにも、冠婚葬祭、卒入学式など幅広く使えるのが特徴です。

今回は、色無地の着物の買取価格の相場や、査定の際に聞いてみた本当のところを

包み隠さずお話していきたいと思います。ぜひ参考にしてくださいね。

色無地の着物は価格としては小紋とおなじくらい。

よく「色無地は着回しが効くから高く売れる」などと謳っている情報サイトなどをお見かけしますが

実際のところ、色無地はあまり高値で売れるものではありません。

確かに着回しは効きますし、紋が付いていると格が上がるのは事実なのですが

実は紋が付いていると敬遠されることもしばしばあります。

そして、結婚式やお祝いのパーティなどに着ていく際に、色留袖や訪問着に比べると

やはり格が下になっていまうので人気が下がります。

しかし、無地で目立ちにくいという点で、子供が主役である七五三や卒入学式などには適した着物だとされて事もあるので

需要が全くないわけではありません。(それでも、若いお母さんだったりすると綺麗めな訪問着を着ている方が多いですが)

そのような理由で、買取価格としては、小紋と同等もしくは少し高い程度の価格になります。

色無地の買取価格相場はどれくらい?

色無地の買取価格相場は、こちらも幅が広いのですが

やはり数百円から数千円くらいになることが多いです。

色無地も作家物の着物が存在しますが、店頭で売られている価格などから逆算して

高く見積もっても5000円くらいだと思います。

ちなみに、こちらもピンクや水色などの淡いパステルカラーや明るめな色のものよりも

紫やグレー、渋い緑などの渋めの色の方が、お祝いの席だけではなく

法事などにも着ていくことが出来るうえ、年齢を重ねた方でも着やすいので買取価格は高くなりやすいです。

袋帯などと一緒に査定してもらうと査定額が上がる事も

色無地と一緒に袋帯をお持ちの方も多いと思います。

色無地はあまり高く売れる事が少ない着物ですが、一方袋帯は高く売れることも多い小物です

「この色無地の着物と合わせて着ていた。コーディネートが合っていて気に入っていた」と査定をしてもらうと

若干ですが、査定額が上がる事もあります。

あまり高値は期待できないが・・実際に査定してもらう事をオススメします。

何度も言いますが、色無地は小紋同様あまり高値は期待できない着物です。

しかし、タダで処分してしまう前にお手持ちの小物と一緒に査定を依頼してみると

ちょっと豪華なランチ代くらいにはなるかもしれません。

リサイクルショップなどでも買取を受け付けているところはありますが

店舗での買取は、テナント代や人件費などコストがかかるため、買取価格は低くなる場合があります。

そこでオススメしたいのが、玄関先で着物を見てくれる出張買取です。

出張料、査定料、キャンセル料も無料で、買取後も買取した日を含めて8日後まではクーリングオフが適応になるので

後で返してほしいと思っても返してもらうことが出来ます。

宅配買取や店頭買取ではクーリングオフが適応にならないのでこれは安心ですね。

出張買取の業者も様々な業者がありますが、私が実際に査定を依頼した中で一番対応も価格も良かったのが

スピード買取という業者でした。

問合せだけでも親切丁寧に応対してもらえますので、お手持ちの着物の処分で迷われている方は是非

下記のサイトから問合せをしてみると良いでしょう。

スピード買取・着物買取キャンペーンサイトはこちら