CATEGORY:訪問着

訪問着の買取について

管理人 礼子

管理人 礼子
こんにちは。「着物買取大辞典」管理人の礼子です。

祖母や母着ていた・・或いは仕立てたもののそのままになっている訪問着を

たくさん持っている方は多いのではないでしょうか。

訪問着は振袖、留袖に次ぐ準礼装で冠婚葬祭やお茶席など幅広いシーンで着る事が出来るため

とても人気の高い着物ではありますが、仕立てたまま、しつけがついたままそのまま保管している方が

最も多い着物でもあります。

ここでは、多くの家の押し入れやたんすに眠っているであろう訪問着の買取について

価格相場や実際に査定したときに聞いた話の中で、お役に立ちそうな情報を

簡単にまとめてみましたので、是非ご覧下さいませ。

訪問着は、高額で取引される可能性が高い着物

実は、訪問着は買取業者が最も欲しがっている着物です。

訪問着はその元々の値段が高額と言うこともあり「なるべく安くて良い物を手に入れたい」と思う方が

多い着物でもあります。

新品で購入したときの価格よりも、大分安くなってしまうのは否めませんが

それでも、他の着物に比べて高い買取価格になる可能性が一番高い着物でもあります。

ノーブランドでも、1000円~5000円。

有名作家物や織元の着物だと数万円台になることも珍しくない着物です。

しかし、あまり市場に出ていないような作家さんの着物ですと数十万円する事もあるようです。

時期などにより金額に差が出ます。金額を保証するものではございません。ここに書いてある価格はあくまでも目安です

淡い色の訪問着は要注意!

着物は、その殆どが正絹(絹100%)で出来ているため、手入れもせず(手入れをしていたとしても)保管していると

灰汁が出てきたり、色ヤケしてくることが多々あります。

正絹の着物は日光や蛍光灯などの光に当たるところに置いておくと、数日で色ヤケしてしまいます。

日の当たらないところに置いておけば、数年は色ヤケしませんが、それでも生地が劣化して色ヤケすることがあります。

濃い色の着物も色ヤケはするのですが、濃い色は色ヤケしても目立ちにくいのが特徴です。

例えば、この着物、淡い薄紫色なのですが、少し黄ばんで色ヤケしているのがわかります。

淡い色の訪問着をお持ちの方は、「もう二度と着る事は無い」と思われた時点で、一刻も早く査定をしてもらうことをオススメいたします。

訪問着の買取をするならバイセルがオススメ

訪問着の買取を依頼したいけれど・・どこに依頼したらいいかわからない・・

そんな方におすすめなのが、坂上忍のCMで有名なバイセルという買取業者です。

バイセルは、古い着物や汚れている着物でも比較的買取可能となる場合が多く

買取可能な着物のストライクゾーンが広いのが特徴です。

また、依頼をしたその日から翌日には査定に来ていただけますし

 ※季節事情または一部地域は出張査定が難しい場合もございます。ご不明な点は24時間受付のコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

依頼から買取終了までとても親切丁寧なのも嬉しいところです。

玄関先で着物を見て貰えるので家に上げる必要もありません。

新しい着物に関しては、まんがく屋には買取価格は劣りますが

古い着物をもてあましてると言う方は、是非、バイセルに依頼をしてみると良いですよ。

 

スピード買取は、2018年7月よりサービス名をバイセルに改めました。サービス内容は特に変わることは無いとのことです。