着物買取大辞典
CATEGORY:買取以外の処分方法

着物を買取以外の方法で処分する!


こんにちは。「着物買取大辞典」管理人の礼子です。

このサイトでは、着物の買取についていろいろとお伝えしているのですが、

買取業者に依頼するのはどうしても抵抗があって

出来れば買取以外の方法で処分したいと思う方もいるかと思います。

そこで、ここでは買取以外の着物の処分方法について

その特徴などを簡単に説明したいと思います。

各処分方法の詳細については、下記の関連記事をご覧下さいませ。

着物の買取以外の処分方法1・ゴミに出してしまう

こちらが一番簡単で手っ取り早い方法だとは思いますが

手放す時はタダなので、最後の手段だとお考え下さい。

酷く汚れていて着る事は不可能で、買取などで値段がどうしてもつかない着物や、

破損している和装小物などはゴミに出してしまって良いでしょう。

着物の買取以外の処分方法2・片付け屋などに処分を依頼する。

これは離れて暮らしていた家族や親族などの遺品処分を請け負う業者に、

遺品と一緒に着物も処分してもらうと言う方法です。

こちらは、着物だけでなく、家電や家具衣類などを引き取って貰うのと同時に

部屋の清掃などもお願いしなくてはならないので、

処分するにしてもけっこうなお金(数万円から)が掛かります。

家電や家具など使い古してある物は処分をお願いしたほうが良いかとは思いますが

着物に関しては、着ないでずっと保管してある場合もとても多いので

処分方法によってはお金に換えられる事もあります。

遺品処分を業者にお願いする前に、着物だけは買取やフリマ、オークションなどで売って

処分料の足しにするほうが良いでしょう。

着物の買取以外の処分方法3・地域のフリーマーケットに出品する。

ご自宅の近くで行われるフリーマーケットに出品をして

着物を着てくれる方に直接売る方法です。

ご自身で着物の値段を付けられ、この着物を着たい!という方に直接提供できるのがメリットです。

東京都世田谷区で行われるボロ市には、アンティーク着物を売っている方がけっこう居るとのことです。

着物の買取以外の処分方法4・ ヤフオク、メルカリなどで売る

実は、着物を着たい方はヤフオクやメルカリをよく利用しており

「良い物を少しでも安く!」と購入される方がとても多いです。

場合によっては買取業者にお願いするより高い値段で売れる事もあります。

私としては、買取業者に査定をしてもらい、価格を確認してから売る方法がオススメです。

しかし、ヤフオクやメルカリは出品料や販売手数料がかかるのと

必ずしも希望の価格で着物が売れるわけではないと言うことは理解しましょう。

また、高く売るためには綺麗に写真を撮ったり

処分するきものについての問い合わせについては詳しく答えなくてはなりませんが

「着物については素人のため、処分品として出品させていただきます

ノンクレーム、ノンリターンでお願い致します。」と商品説明のところに記載をしておけば

トラブルを防ぐことが出来ます。

着物の買取以外の処分方法5・リメイクして再利用

もう着る事がない着物であれば、はぎれにして洋服やバッグ、人形や小物などに

仕立て直す方法もあります。

こちらはご自身で作るか、プロに仕立てて貰うかどちらかになります。

プロに仕立てて貰うと、物によりますが、大体5000円~10000円くらいの工賃と材料費がかかります。

最終的には、ご自分に合った処分方法を選びましょう。

着物の処分に困っているかたの状況は様々で

「忙しいしあまり時間も取れないから、お金をかけても手っ取り早く処分したい」

と思われるかたも居れば

「時間をかけても、なるべく処分費用にお金はかけたくない!どうしても着物をお金にしなくては!」

と思うかたも居て、着物に対する価値観や思いもそれぞれ違います。

私としては、手間も掛からず手っ取り早く着物を処分出来てお金にしやすい「買取」という処分方法を

このサイトではオススメしていますが、ご自分が納得のいく方法で処分をするのが一番です。

着物買取を得意としている会社があります


処分に困っている着物を、自宅に居ながら
無料で丁寧に見積をして買い取って下さる会社があります。
「着物の事はよく分からないし、ノーブランドだし・・古いから・・」と諦めて捨ててしまう前に、一度買取査定を依頼してみるのはいかがでしょうか?

着物の買取を頼みたいけど・・買取価格がつかなかったら?
押し買い等の対応が怖くて・・なかなか踏み切れない・・(><)

とお悩みの方の参考になればと思い
管理人自ら、訪問査定&宅配査定を依頼し、着物を買取って頂いた記録を
載せています。ぜひ、ご覧下さいませ^^

管理人が実践&取材! 着物の訪問買取記録はこちら

管理人が実践&取材! 着物の宅配買取記録はこちら