振袖の買取価格相場はどのくらい?振袖をできるだけ高く売るためのポイントとは? | 着物買取大辞典

振袖 着物・小物の価格相場

振袖の買取価格相場はどのくらい?振袖をできるだけ高く売るためのポイントとは?

礼子
こんにちは「着物買取大辞典」管理人の礼子です。

若い頃に数回着ただけの振袖を持て余していて処分に困っている方はとても多いと思います。

購入したときはかなりいいお値段したし、思い出が詰まった振袖、簡単には手放せないものでもありますよね。

ここでは、振袖についての買取価格相場とおすすめの業者をご紹介します。

振袖を処分したい。少しでも高く買取してもらいたいという方はぜひ参考に読んでいただければ幸いです。

振袖とは?

振袖は、未婚女性の第一礼装とされる着物で、留袖や訪問着に比べて袖丈が長く、長いほど格が高くなります。

その名の通り、袖の袂(たもと)が長くて「袖を振る」というのが名前の由来で、成人式や結婚式の花嫁衣装、結婚式に参列するときの衣装、結納の時など、晴れの舞台に着用される着物です。

生地には豪華な友禅染、絞り染め、型染め、金箔置きなど、さまざまな技法が用いられ、豪華絢爛な色柄が描かれているのが特徴です。

 

振袖の種類

振袖は、袖の長さによって次の3つに分類されます。

振袖の種類

  • 大振袖
  • 中振袖
  • 小振袖

3つの振袖は、それぞれ次のような特徴があります。

大振袖

大振袖は、3種類の振袖の中で一番格式が高い振袖です。

「引き振袖」「引き振り」「お引きずり」「お引き」とも呼ばれ、袖丈は114cm前後。

主に花嫁が着る婚礼衣装として使われています。

 

中振袖

中振袖は、大振袖の次に格式が高い礼装です。

袖丈の長さは100cmくらい、女性の足首くらいまでの長さで、立ち姿のバランスがとてもよく見えます。

成人式の他、パーティーやお見合い、結納の席、結婚式のお呼ばれなどで着用されます。

 

小振袖

小振袖は、中振袖よりもさらに袖が短く、袖丈の長さが85cmくらいです。

「二尺袖」とも呼ばれ、袖が短くなっているので、動きやすいという特徴があります。

卒業式のときなどに袴に合わせて着られることが多い振袖です。

礼子
振袖は未婚の女性しか着られないから、成人式の時に着た中振袖がそのまま箪笥の中にしまいっぱなし、という方が多いかもしれませんね

 

振袖の買取相場は?

振袖の買取相場は、着物の状態によってかなり幅があり、数千円~数万円。

有名作家の作品や有名呉服店で仕立てたものなどは10万円を超えるものもあるようです。

振袖の買取相場

一般的な振袖…数千円~30,000円程度

作家ものや有名呉服店で仕立てたもの…数万円~1,00,000円を超える場合もあり

礼子
どんな着物も、状態がいいものは査定額がアップするのよね。しまいっぱなしにしないで着物の状態をたまに確認することをおすすめします

 

高額査定が期待できる振袖の特徴は?

同じ振袖でも、高額査定が期待できる振袖にはどんな特徴があるのでしょうか?

新品に近い状態の振袖

振袖だけでなく、どんな着物にも言えることですが、シミ・シワ・カビなどのない状態のよいものは、高く買い取ってもらえる可能性が高いです。

振袖の場合も、「成人式に着ただけ」で、新品に近い振袖は高額買取されやすいでしょう。

ただ、着物は湿気に弱く、一度しか着ていなくても保管状態が悪いと、カビやシミが発生しやすく、劣化してしまいますから、着たあとのお手入れは重要です。

古い振袖でも、保存状態が良ければ査定額が高くなる可能性があります。

正絹の振袖

振袖は、絹やポリエステルなどの化学繊維で作られているものがほとんどですが、着物の買取では、最も買取価格が高くなりやすい素材は絹(正絹)です。

その理由は、正絹製の振袖の人気が高く、需要が多いからです。

ただ、正絹は化学繊維に比べて湿気に弱く、カビが発生しやすい、劣化しやすいという弱点がありますから、十分注意して保管し、着る機会がなくなったら早めに買取査定に出すことをおすすめします。

 

有名作家もの・伝統工芸品の振袖

振袖に限らず全ての着物に言えることですが、有名作家の作品や伝統工芸品などの着物は、高い買取額で買取されやすいです。

人間国宝など有名作家が手がけた作品や、京友禅・加賀友禅などの伝統工芸品の振袖は、需要が多いため、買取額も高くなります。

落款や証紙は、その品質を証明する助けになりますから、査定時に忘れず提示することで、高く買い取ってもらえる可能性はより高くなるでしょう。

有名呉服店で購入した振袖

有名呉服店で購入した振袖も、高い査定額がつく可能性があります。

ゑり善・志ま亀・さが美・東京ますいわ屋といった呉服店は、着物業界で大きな信頼を得ているので、これら有名呉服店への信用がそこで買った振袖の品質への信頼にもつながり、買取市場での需要も高くなりやすくなります。

有名呉服店で購入、仕立てた振袖を査定に出す際には、購入したときの箱や領収書、店名の入ったたとう紙などを一緒に査定に出すことで、買取額がアップする傾向にあります。

たとう紙とは?

「たとう紙」は、着物を購入したり、仕立てたりしたときに、着物を包んでいる和紙のことをいいます。

読み方は、「タトウシ」または「タトウガミ」で、漢字では「畳紙」と書きます。

和紙は通気性に優れ、除湿効果も高いため、たとう紙を使うと湿気やカビの防止になる上、たとう紙に包むことで布地にシワをつきづらくしてくれます。

※関西出身の方は「たとう紙」ではなく「文庫紙」という呼び方の方がなじみがあるかもしれません

 

サイズが大きい

大きいサイズの振袖も買取額が高くなる傾向にあります。

大きいサイズの振袖だったら、仕立て直せば小柄な人も着ることができますが、逆はムリです。

サイズが大きい振袖の方が、より多くの買い手を対象にできるため、買取業者も積極的に買取しやすく、買取額も高くなるのです。

礼子
紹介したポイントの中で、振袖を着たあと自分でできるのはよい状態を保つことだけ…ですね。でも、それをすることで査定額がアップする可能性があります!

 

古くても買取可能になる振袖の特徴や高く買い取ってもらうためのポイントは?

古い振袖でも高額買取が期待できるものがあります。

次に、古くても買取可能になる振袖の特徴を説明しましょう。

流行に左右されない豪華な柄や色使いの振袖

振袖はお祝い事の席で着ることが多く、デザインによって人気が異なります。

地味なものより華やかなデザインの方が好まれますが、デザインにも流行があり、流行に左右されない豪華な柄や色使いの振袖は、古くても需要が高い傾向にあります。

柄が細かく精微に表現されているもの、金箔や銀箔があしらわれいて豪勢に見えるもの、明るく豪華な柄・色使いの振袖は、高い買取額が期待できます。

 

帯や襦袢とセット

他の着物に比べ、振袖は帯や長襦袢などとセットで購入することが多い着物です。

そのため、買取を依頼するときも、セットされたものだと買取の需要が見込めるため、高く買い取ってもらいやすくなるでしょう。

中古着物市場では、着物だけ単品で流通することが多く、セット物は数が少ないため、高値が付きやすい傾向にあるようです。

礼子
長襦袢は肌襦袢の上に着用するものです。下着と混同されがちですが直接肌に触れるものではなく、着物としての価値もあります

 

ブランドや有名作家の作品

ブランドものや有名作家の作品は需要が多いため、古くても高値で買取される傾向にあります。

作家では、羽田登喜男、由水十久、有名ブランドでは志ま亀・千總(ちそう)などが挙げられます。

 

証紙がある

上で紹介した作家物、伝統工芸品の品質を証明するものが「証紙」です。

証紙には、着物の産地や作家、織元などが記されていて、厳しい基準をクリアした着物に付いてきます。

証紙は、その着物が本物である証になるため、査定時に一緒に出すことで買取額がアップする可能性があります。

証紙とは?

証紙は「着物の価値と品質を示す重要な証明書」です。

通常は着物の畳紙のなかに一緒に入っていることが多く、「証紙」と書きますが、紙だけでできたものだけでなく、反物の端に貼り付けられています。

証紙には、産地の登録商標、製造元(織元)、伝統工芸品マーク、織り方、原料名、染め方などを知ることができ、証紙のありなしは査定結果に影響します。

礼子
証紙だけでなく、たとう紙や仕立てた時についてきた箱や書類一式、保管しておくと査定の時に役に立つかもしれません

 

振袖はリサイクルショップに買取依頼をしない方がいい理由は?

振袖はリサイクルショップでも店舗によっては買い取ってもらえます。

衣類やバックをリサイクルショップに持っていった経験がある方にとっては、リサイクルショップは身近で手軽に利用できるかもしれません。

ただ、リサイクルショップに振袖を買い取ってもらうのはあまりおすすめできません。

その理由は、リサイクルショップには、着物専門の査定員がいないため、振袖の価値や品質を正しく査定してもらえず、本来の価格よりも安い査定額がつく可能性があるからです。

着物買取専門業者には、着物のプロが査定してくれますし、なぜその額になるのかちゃんと説明もしてもらえます。

また、自宅にいながら訪問査定を依頼でき、納得したらその場で料金をもらえて、品物も持ち帰ってもらえます。

 

振袖を買取査定してもらうならココ!

最後に、振袖を買取査定するのにおすすめの業者を3つ紹介しましょう。

バイセル

着物は新しいほうが高く売れると言うのはもちろんですが・・ことに正絹の着物は傷みやすく、大事に保管をしていても色ヤケや灰汁(アク)がある日突然出る事もあります。

そうなると・・良い着物でも買取不可になる事もしばしばあります!なので着物の処分や買取は思い立ったらすぐに査定を依頼したほうが良いです。

振袖を買取してもらいたい方に私がおすすめする買取業者はバイセルです。

私がバイセルをおすすめする理由としては・・

  • 出張料・査定料・買取キャンセル料が無料なので見積もりだけの依頼も可能
  • 着物の買取を得意としているため高価買取してくれる
  • 依頼から査定までがとにかく早く、即日~翌日には査定に来てくれる
  • 対応が親切丁寧で、買取前の説明やアフターフォローも充実している

という特徴があげられます。

HP上には、振袖を買取した実績もいくつか紹介されていて、「上品な色合いの振袖を含む着物数点で買取金額100,000円」「色鮮やかな振袖を含む着物数点で買取金額83,500円」と数点まとめての査定ではあるものの、高額査定がついています。

着る予定のない振袖がたんすにしまいっぱなしになっている方は、よろしければ是非買取を依頼してみると良いですよ。

お問い合わせだけでも親切に対応してもらえます。

バイセルに買取査定の依頼をした人の口コミ

50代女性

すごく細かく説明してくれて、世間話もできたので楽しい時間を過ごせました。

買い取り査定は初めてで緊張していたのですが、安心して利用することができました。

古くて買い取れるかどうかわからないかったのですが、見ていただいて買い取っていただけたのでとても良かったです。

60代女性

出したもの全部ですね、ひとつひとつきちんと色んなものを、雑に扱う事も無く、丁寧に見て頂けて大変感謝しております。とても丁寧な方で嬉しかったです。

 

福ちゃん

2つ目の「福ちゃん」も着物の買取には定評のある買取業者です。

HPには、「買取品目」「買取方法」「サービスの特徴」などが動画で分かりやすく紹介されていて、初めての人でも安心して買取依頼ができます。

振袖の買取に関しては「あなたの大切な振袖を適正価格で買取させていただきます。」との記載がありますし、着物に精通した査定員がいるので、安心して査定を依頼できるでしょう。

振袖の買取実績も何点か紹介されているので、事前に確認することも可能です。

福ちゃんに買取査定を依頼した人の口コミ

40代女性

昔に購入してもらった振袖ですが、着ることもないので売ることにしました。

他の買取店とも比べましたが、福ちゃんの買取価格が一番良かったです。口コミの評判通りの良い買取りでした。

本当にありがとうございました。

50代女性

古い振袖だったので、買取してもらえるか不安でしたが、小物を含めて、ちゃんと値段を付けてもらえて安心しました。

やはりリサイクルショップとは違い、専門の買取店は着物の扱い方が違うなと思いました。この度は、ありがとうございました。

 

買取プレミアム

「買取プレミアム」は2001年に設立された、20年の実績がある総合買取業者です。

出張買取・宅配買取・持込買取の3つの買取方法から選ぶことができ、日本全国で買取サービスを受けることができます。

HPには、買取の査定対象になる着物の種類と買取相場について紹介されているので、査定依頼をする前に、ある程度自分で判断することもできますし、買取実績が豊富に紹介されていて、振袖の買取に関しては、「振袖の買取相場は、およそ~140,000円です。」と明記されています。

買取商品の一部返品に関する相談や、査定員に関する要望などを連絡することができる「お客様相談室」があるのも、利用者に寄り添う会社の姿勢の現れといえるでしょう。

買取プレミアムに買取査定を依頼した人の口コミ

60代女性

何に対しても、しっかりお応え頂いて、大変分かりやすかったです。

全て爽やかに対応頂きまして、気持ちよく対応させて頂きました。

50代女性

とっても感じがいい方で、もっと急かされて買取りさせられるのかと思ってましたが、そんな事なく「全然大丈夫ですよ」っと言ってお値段だけ言ってスッとお帰りになられました。

母の遺品でしたので即決出来ず、せっかく熱い中来て頂きましたのに申し訳なかったですが安心してお願いする事が出来ました。

 

 

-振袖, 着物・小物の価格相場

© 2021 着物買取大辞典 Powered by AFFINGER5