着物買取大辞典

遺品の着物は処分する?形見分けする?遺品の着物の正しい処分方法

管理人 礼子

管理人 礼子
こんにちは。「着物買取大辞典」管理人の礼子です。

祖母の遺品の着物や帯が大量にあって困っている・・

形見分けとして、親族で分け合おうかあげようと思っているが着る人が居るんだろうか?と思われているかたは多いと思います。

私も、自分の母や親族が亡くなった際、とにかくたくさんの着物を引き継いだので

そのお気持ち・・すごくよくわかります。

でも・・実際の所・・その大量の着物が原因で身内や親族同志で亀裂が走ってしまうことも・・

そんな無用のトラブルを防ぐために、遺品の着物を受け継いだ方や、形見分けで頂いてしまった方の気持ちを踏まえて

ここでは遺品の着物の処分方法をお伝えしたいと思います。

実は着物が好きな人にとってこそ・・形見分けはありがた迷惑

着物は、仕立てるときは着る人の腕の長さや身長・体格などを採寸し、

その方に合ったサイズで布を裁断し仕立てられます。

一概には言えませんが、昔の女性は現代の女性にくらべて、背丈が低い方が多いです。

そのため、裄(背中心から袖先までの長さ)や身丈(片山から裾先までの長さ)がとても短い場合があり

いざ袖を通してみると袖丈がやたら短くて見栄えが悪かったり・・

身丈が短すぎる場合は、おはしょりが出来ないような着物も存在します。

元々着物が好きな方は、きちんと採寸してから仕立ててもらっている着物を好んで持っているので

当然、サイズの合わない着物は要らないというか・・持ちたくありません。


貴方は着物が好きだからあげるわ~着物なんてどれも一緒でしょ

と言って不要な着物を押し付けられることは、はっきり言ってありがた迷惑です。

大体袖丈、身丈も適正でなく、色柄の好みなども違ってくるため、

着る機会もない着物ばかりになり、受け取ってくれたとしても結局は箪笥の肥やしになるのです。

「誰かにあげる」以外の着物の処分方法

遺産で受け継いで着物の処分方法としては

●ゴミに出す
●ネットオークションやフリーマーケットなどで売る
●買取業者に買い取ってもらう

の3つがあげられます。

着物の処分方法1・ゴミに出す

一番手っ取り早いのが、ごみに出す方法ですが

衣類なので粗大ごみにはならず、無料で捨てる事ができますが、手元に1円も残ることはありません。

また、故人が大事にしていた着物をタダで捨ててしまうのは抵抗がある・・

元々高価な着物だったのに・・と思い、ゴミに出すのをためらわれている方が多いのが現状です。

着物の処分方法2・ネットオークションやフリーマーケットで売る

ネットオークションやフリーマーケットは、「この着物が欲しい」と言った人に

直接販売する事が可能なため、

買取業者を利用するよりも高く売れる可能性はあります。

しかし着物に関しては、処分したい人が10人いたら、

着物を欲しいという方は1人・・という供給過多になっているのが現状です。

なので、オークションやフリマを使って確実に高く売れる・・

というわけではありません。(※逆に買取価格よりも安い金額で買われてしまう事もあります)

着物を扱っている業者のオークションサイトを見ても、

1円で出品されているのに入札すらされていない着物も多数あります。

つまり、1円でも買いたい!という人が居ないという状態に着物も多数あるのです。

また、オークションやフリマサイトを使う際には

  • 出品手数料や販売手数料がそれなりにかかる
  • 購入してもらうためにキレイな写真を撮影して商品のページをつくる
  • 商品の問合せや梱包や発送の手間がかかる

と、いう具合に・・かなり手間と気力を消耗します。お金もかかってしまいます。

着物の処分方法3・買取業者に買い取ってもらう

大抵の場合は着物を購入した時に比べて格段にお安くなってしまうのですが、

着物を家に居ながら処分が出来て、その上現金をその場で貰える

(宅配の場合は自分の口座に振り込んでもらえる)という利点があります。

また、捨てるのではなく、次に着物を着たい人に着物を着てもらうことができるので

たんすで何年も眠らせておくよりもずっと有効に故人の着物を使用していただけるという点も魅力です。

受け継いだ着物は本当に取っておく価値があるものなのか

故人から


購入した時はすごく高くて素敵な着物だったし

着物は孫の代まで引き継ぐことが出来る

と間接的に着物について話を聞いた事もあるかと思います。

ただ、ゴミに出すにしても、買取業者に買い取ってもらうにしても、

ネットオークション等で売るにしても

購入したときほどの価値は、その着物にありますでしょうか?

どんなに素敵で購入したときは高かった着物でも、

誰かが着ることがなければ、思い出の品として大事に保管されることがなければ、邪魔な存在になってしまうだけです。

どんな方法で処分するかは、引き継いだ方の判断にお任せすることになります。

遺品の着物の買取査定を依頼するなら・・

故人が大切にしてきた着物・・タダで処分したりあげてしまうよりも・・1円でも高く買取してもらいたいですよね。

着物は新しいほうが高く売れると言うのはもちろんですが・・ことに正絹の着物は傷みやすく、大事に保管をしていても色ヤケや灰汁(アク)がある日突然出る事もあります。

そうなると・・良い着物でも買取不可になる事もしばしばあります!なので着物の処分や買取は思い立ったらすぐに査定を依頼したほうが良いです。

遺品の着物を買取してもらいたい方に私がおすすめする買取業者はバイセル(旧:スピード買取)です。また、着物以外の遺品も買取も受け付けしているそうです。

私がバイセル(旧:スピード買取)をおすすめする理由としては・・

  • 出張料・査定料・買取キャンセル料が無料なので見積もりだけの依頼も可能
  • 着物の買取を得意としているため高価買取が可能
  • 依頼から査定までがとにかく早く、即日~翌日には査定に来てくれる
  • 対応が親切丁寧で、買取前の説明やアフターフォローも充実している

という特徴があげられます。すぐに査定に来てくれるので価値が下がる前に高値で着物を買い取ることが可能なのだそうです。

私も母や親族の遺品の着物をたくさん買取してもらって思わぬ臨時収入を得る事が出来、

最高で1着15000円で買い取ってもらう事が出来ました。

よろしければ是非買取を依頼してみると良いですよ。お問い合わせだけでも親切に対応してもらえます。

 

スピード買取は、2018年7月よりサービス名をバイセルに改めました。サービス内容は特に変わることは無いとのことです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)