着物買取大辞典

これは高く売れる!高価買取される着物の条件と買取方法教えます

先日の【着物買取の価格相場を自分で知る方法】記事で、『どんなに素敵な着物でも、相場の5分の1~10分の1の値段』ということをお伝えし、皆様が思っていたよりもずーっと安い事例が多い事をお伝えしました。

しかし、これが違うだけでも買取価格が上手くいけば1万円以上上がる!という事例も、有るんです。

また、この着物は値段がつかないだろうな~と思っていても、条件次第でわずかながら値段がつくこともあります。

ここでは、着物の買取り価格が上がる条件と、
高価な着物を買い取ってもらう場合のポイント等についてお伝えしたいと思います。

着物の買取価格が上がる条件

その1・正絹の着物である。

訪問着や振り袖などのフォーマルなものから、普段使いの小紋まで幅広く使われている正絹の着物のほうが
買取価格は高くつきます。

逆に、正絹以外の着物・・ウールや化繊、綿の着物は値段がつきにくい事も多いです。(ツモリチサトなど芸能人がテレビで着ているような有名ブランド物は別ですが)
麻の着物は小地谷ちぢみなどの高級麻の着物でしたら高く売れる可能性がありますが、
麻の着物自体が夏しか着られないものなので
買取価格は絹に比べると落ちる傾向があります。

その2・購入して10年以内の新しい着物

着物は古いほうがアンティーク価値が上がって値段が上がると思っている方もいるのですが、
特に正絹の着物ですと、どんなに暗所に大事に扱ってしまっていても色焼けしやすく、記事や糸が劣化してしまいます。
とくに薄い色合いのモノは色焼けがしやすいです。

そのため、10年以内の比較的新しい着物のほうが保存状態が良い確率も高いため買取価格が高くなる傾向があります。

その3・未使用品、或いは数回しか着ていない使用感がほぼ無いもの

未使用品ですと、袖や裾の部分にしつけがしてありますので
見てすぐに未使用品だと分かるかと思います。

また、折り目やしわがつかぬよう薄紙が折り目の下に敷いてあったりしてあると尚よいです。

使用した商品でも「成人式や結婚式で一度着ただけ」というような着物も高く売れる傾向があります。

その4・しみ、汚れ、カビ等がついていないもの

当然だと思われるかもしれませんが、どんなに良い着物でも
汚れていては値段がつかない場合もあります。

その5・身丈、裄が長い着物

身丈(背中心から裾までの長さ)が160cm以上、裄(背中心から袖先までの長さ)が68センチ以上のものは、
手足が長く、身長も高い現代人が着やすいサイズですのでその分需要があります。
次に使うかたが万が一小柄な方で長い分には、後からお仕立てして調節も出来ると言う点で
身丈、裄が長い着物は重宝されます。

その6・落ちついた色合い、柄でどちらかというと地味なもの

ピンクや赤、淡いパステルカラー等は着物では華やかな色の部類とされます。
ピンクでも落ち着いた色のピンク、紫、濃い色の着物のほうが
着物をお召しになる方が50代~70代の方が多いという意味で重宝されます。
柄も金襴や刺繍が派手にしてあるものよりは、古典風な柄で落ち着いたものの方が
デザインのほうが需要があり高額買取される傾向があります。

その7・証書が付くような有名作家、ブランド、有名産地の着物

有名な作家さんや織物、デパートや老舗呉服店などで購入した着物は
着物の品質を保証する証書がついていることが多いので買取価格が高くなる傾向があります。

しかし、いわゆる「作家モノ」というのは非常に出回っている数もおおく、
人間国宝などに指定されている作家さんの作品でしたらまず問題ないですが、
なかには呉服問屋さんの営業マンの名前を作家としてつけて、
有名作家と似たようなものを売り出しているような作品・・。
いわゆるバッタモノのような着物もありますので注意が必要です。
(この場合の作家モノは値段がつかない場合もあります。)
作家モノだからと言って全てが値段がつくわけではないことをご承知置き頂きたいと思います。

その8・希少価値の高いもの

紬の着物を例にたとえますと、紬は紬でも「大島紬」ですと
市場に出回っている数がとても多いため、購入した時は何十万もしたのに
いざ買い取ってもらうとなると数百円と言うこともあり得ます。

しかし、「牛首紬」は作成出来る職人さんがすくなく工程も難しいとの関係で
市場に出回っている数が大島紬に比べると激減します。

市場に出回りにくい、希少価値の高い着物はそれだけ買取価格も上がる傾向があります。

古くても、汚れていても、証書が無くても諦めないで!値段が付く場合があります。

汚れていても、無名の着物でも、色や柄、絞りなどの状態が非常によく
「はぎれ」などとして使える場合は、高くは売れませんがわずかながら値段が付く場合があります。
また、袋帯なども日本人形の着物や和装雑貨や小物を作る際見栄えがよく需要があるため値段がつく場合があります。
ダメで元々!で査定だけでもしてもらうと
「0円で買い取ってもらえないかと思っていたけど300円ついて買い取ってもらえた!」
と言うこともあり得ます。

高価だと思われる着物にオススメの買取方法。

出張買取をお勧めします。

しかし、その際一つだけ気をつけて頂きたいポイントがあります。

それは、家に訪問しにきた査定員がきちんと着物をたためるかどうか!?です。

「着物の査定をする人なんだから着物がたためて当たり前でしょ・・?」
と思われる方もいるかもしれませんが、実際、まだ着物の査定に慣れていなくて
着物がきちんとたためない査定員も存在します。私は遭遇したことはありませんが
(その場合はスマホで写真を撮って上司に確認&お伺いを立てるそうです。)

そのような査定員さんがつけた査定額に信用しろと言われても・・無理だと思います。

その場合、金額に納得の行かなかった場合はお断りして、
複数社査定をしてもらうことをお勧めしたします。

ちなみに、着物査定に慣れた、知識も経験も豊富な査定員さんは
着物を一度広げて、たたみながら着物の良し悪しを見ています。

査定してもらっている間、別室へ行ってお茶やテレビなどは見たり
他の家事をしたりせずに、査定員さんの査定をしているときの手際の良さや
振る舞いなども見ておく必要がありそうです。

宅配買取の場合ですと、複数の着物や和装小物などを一緒に入れて
買取業者に届けることになるのですが、配送時や開封時の際に傷ついたりしわがつくこともあり
そのせいで査定額が下がってしまう・・という事もありうるということを頭に入れておきましょう。

また、万が一査定金額に納得できずに返送してもらう場合も
その際に傷やシワが出来る恐れも・・実際返送してもらったときに
送る前には無かったしわが複数出来ていたという話もあります。

 高価買取される着物の条件と買取方法 まとめ

有名作家や織元が作成したような証書付きの着物を、1円でも高く売りたい!と言うことであれば、配送時のキズのリスクを考えると出張買取を選ぶことをお勧めいたします。

また、この着物はタグなどもついていないし正絹なのか、化繊なのかもよく分からない・・
と言う方でも査定員の方でしたら置物をみて触ったらその場ですぐに分かりますので
一度査定をお願いしてみるのも良いでしょう。

もし、査定を依頼するのであれば、
管理人がいろいろな業者さんに買い取って貰った中でも
特に買取品目が多く、親切丁寧に対応して下さった
スピード買取さんをお勧めいたします^^
査定依頼時の電話も大手企業のコールセンター並に丁寧ですし
査定時ももちろん、アフターフォローやクーリングオフの説明も
きちんとあり安心できて、好感が持てました。よろしければぜひ!

着物買取を得意としている会社があります


処分に困っている着物を、自宅に居ながら無料で丁寧に見積をして買い取ってくれる会社があります。

「着物の事はよく分からないし、ノーブランドだし・・古いから・・」と諦めて捨ててしまう前に、一度買取査定を依頼してみるのはいかがでしょうか?

着物の買取を頼みたいけど・・買取価格がつかなかったら?
押し買い等の対応が怖くて・・なかなか踏み切れない・・

とお悩みの方の参考になればと思い、管理人自ら、訪問査定&宅配査定を依頼し、着物を買取って頂いた記録を載せています。ぜひ、ご覧下さいませ。

管理人が実践&取材! 着物の訪問買取記録はこちら

管理人が実践&取材! 着物の宅配買取記録はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)