喪服は買取出来る?喪服の買取価格相場 | 着物買取大辞典

着物・小物の価格相場 色無地

喪服は買取出来る?喪服の買取価格相場

礼子
こんにちは。「着物買取大辞典」管理人の礼子です。

喪服の黒い紋付の着物が家にあるけれど、管理も大変だし、喪服の着物や帯を手放したい!と言う方も多いかと思います。

バッグは洋装でも使えることが多いですが、それ以外はほかに使える場面がないので、買取を考えたいという人もいるかもしれません。

そこで、ここでは喪服の着物の買取価格や、おすすめの買取業者について、詳しく説明したいと思います。

 

喪服の種類

 

喪服には、次のような種類があります。

喪服の種類

  • 正喪服…葬式で喪主や親族が着る喪服
  • 準喪服…葬式で参列者が着る喪服
  • 略喪服…通夜や弔問で参列者が着る喪服

正喪服

正喪服は、最も格式の高い喪服で、葬式で喪主や親族が着るものです。

下記のものが正喪服です。

正喪服

  • 男性:和装やモーニングスーツ
  • 女性:和装やブラックフォーマル

最近では、葬儀の簡略化も進み、正喪服を着用している人は少なくなってきています。

 

準喪服

準喪服は、一般的な「喪服」で、弔事の際、最も広く着られます。

下記のものが準喪服です。

準喪服

  • 男性:ブラックスーツ
  • 女性:ブラックフォーマル

最近では喪主や親族など招く立場の方も、準喪服を着るのが一般的になっています。

 

略喪服

略礼服は、「平服」のことを指します。

略喪服にあたるものは次のものです。

略喪服

  • 男性:黒やグレー、紺など地味な色のダークスーツ
  • 女性:黒やグレー、紺など地味な色のスーツやワンピース

弔問は「取り急ぎ駆けつける」という意味合いから略喪服(平服)で構わないとされます。

以前は、通夜も略喪服で大丈夫と言われていましたが、最近では、通夜では喪服を着用するのが一般的になっています。

礼子
この3種類の喪服の中で、今回ご説明する買取依頼の対象になるのが、正喪服である和装(喪服着物)です

 

喪服着物は買取の対象になる?

喪服の種類の欄でも説明しましたが、最近は、喪主や親族なども正喪服ではなく準喪服を着るのが一般的になってきています。

また、喪服着物のレンタル業者も増えているため、喪服着物の需要はそれほど高くありません。

そのため、喪服着物の買取を行っていない買取業者もいます。

ただ、全ての買取業者が喪服着物を買取対象から外しているわけではありません。

 

家紋が入っていても売れる?

家紋は、実家か嫁ぎ先、どちらの家紋を使うのか地域差がありますが、どちらにしてもその人に関係のない家紋が入った喪服を着ることはありません。

そのため、喪服に家紋が入っている場合、その家紋を使える人が限定されてしまい、喪服の需要が少ない上、家紋入りとなるとさらに需要が少なくなり買取も難しくなります。

ただ、家紋は、紋消しを行って新しい家紋を入れることができるので、高品質な喪服は家紋が入っていても買取してもらえる可能性が高くなります

紋の数と意味

家紋の数によってその着物の位が変わります。

五つ紋:背中に一つ、袖紋抱き紋が左右に一つずつ
第一礼装で、留袖や喪服は五つ紋入りのものがほとんど

三つ紋:背中に一つ、袖に左右一つずつ
準礼装扱いとなり、結婚式や葬儀などには不向き。パーティーや法事などには着用可能
色留袖、訪問着、色無地などに取り入れられていることが多い

一つ紋:背中に一つだけ
家紋入りであってもかなりカジュアルな扱い
色留袖、訪問着、色無地、江戸小紋などに取り入れられていることが多い

 

喪服着物の買取が難しい理由は?

喪服着物の買取が難しい理由を改めてご説明しましょう。

その理由は

買取が難しい理由

  • 着る機会が限られること
  • 喪服をレンタルする人、喪服のレンタル業者が増えていること
  • 葬儀で正喪服(喪服着物)を着用する人が減っていること
  • 家紋がついていると着用できる人が限られること

これらの理由は、喪服着物の需要の少なさにつながります。

買取業者は、需要が少ないものを積極的には買取りたくないというのが本音でしょう。

そのため、喪服着物の買取は難しくなっています。

 

比較的買取してもらいやすい喪服着物は?

喪服着物は、買取が難しい品ではありますが、それでも比較的買取してもらいやすいのは、次のようなものです。

ポイント

  • 未使用品(保存状態がいいもの)
  • 夏と冬のセットになっているもの
  • 高品質のもの

需要が少ないとはいえ、喪服着物を必要としている人はいます。

あらたに仕立てようとすると、費用と時間がかかりますから、正喪服である喪服着物が急に必要になったとき、リサイクルショップなどに駆け込む人もいるでしょう。

そんな時の売れ筋は、やはり未使用品。そして品質のよいものです。

礼子
品質がよい未使用品は、喪服でも需要があるということですね

 

喪服着物を少しでも高く買取してもらうポイントは?

買取が難しいといわれれる「喪服着物」ですが、査定に出すなら、少しでも高く買い取ってもらいたいですよね。

どんな点に注意して査定に出したらよいのか、そのポイントを次に説明しましょう。

シミ・シワなどがないきれいで保存状態のよいもの

これは普通のにも言えることですが、シミやシワがあったり、カビがはえていたり、匂いがついているなど、保存状態が悪い場合は、査定額が下がってしまいます。

喪服着物は、そもそも買取が難しい品物なので、シミやシワがあると、買い取ってもらえない可能性が高くなってしまいます。

逆に、シミやシワがなく、未使用や未使用に近い状態で保存がされていたら、通常より高く買い取ってもらえるかもしれません。

 

着物以外の小物と一緒に買取に出す

喪服着物を着る場合、必要になるのは、着物だけでなく、帯や帯締め、帯揚げ、草履やバックなども黒で揃える必要があります。

そのため、帯や小物をセットにして査定に出すと、高い査定額がつく可能性があります。

礼子
以前、私が出張査定をお願いした時、査定員さんから「喪服だけだと基本的に値段がつけられませんね」と聞いたことがあります。

喪服着物は小物類と一緒に査定に出す方がよさそうですね

 

着物の品質を保証するものを一緒にしておく

買取の難しい喪服着物も、高品質のものは、高い査定額がつく可能性があります。

ただ、そのためには品質を保証する「証紙」などは必須です。

また、着物を老舗の百貨店などで仕立てた場合は、呉服店独自のたとう紙を使用していることも多く、そういった「たとう紙」は、着物の価値を証明する一つの指標になります。

ですから、「証紙」とともに「たとう紙」に保管しておくことで、喪服着物も通常より高い値で買い取ってもらえるかもしれません。

証紙って?

証紙は「着物の価値と品質を示す重要な証明書」です。

通常は着物の畳紙のなかに一緒に入っていることが多く、「証紙」と書きますが、紙だけでできたものだけでなく、反物の端に貼り付けられています。

証紙には、産地の登録商標、製造元(織元)、伝統工芸品マーク、織り方、原料名、染め方などを知ることができ、証紙のありなしは査定結果に影響します。

 

喪服買取の相場は?

喪服の着物の買取相場は、数百円~2,000円程度と言われてます。

未使用の場合も、1,000円程度。30,000円くらいで購入した絹の喪服も、300円~700円程度

正絹製で、一越縮緬・袷・仕付けありのような高級でも、1700円~2,000円程度というのが相場です。

礼子
色無地の着物が数百円~10,000円程度の査定額がつくことを考えると、喪服の着物の査定額は、やっぱりかなり安いですね

 

喪服の買取が可能な業者の種類

実際に着物の買取を行っているのは次のような業者です。

着物の買取を行っている業者

  • リサイクルショップ
  • 古着屋
  • フリーマーケットやオークション
  • 着物買取業者

リサイクルショップ

リサイクルショップは、着物だけでなく、洋服や家電、食器などさまざまな物の買取を行っています。

店舗の数も多いので、一番手軽で身近かもしれません。

ただ、すべての店舗で着物の買取を行っているわけではなく、しかも喪服となると、買取が難しい店舗もあるかもしれません。

リサイクルショップの利点は、買取を行っている店舗に直接喪服を持ち込めば、その場で買取額を出しもらえることです。

査定に納得いかないときは、もちろん持ち帰ることも可能ですが、着物専門の査定員がいるわけではないので、価値の高い喪服でも、高値はつきにくいでしょう。

 

古着屋

古着屋でも、洋服だけでなく着物を買い取ってくれる店舗があります。

リサイクルショップ同様、持ち込んで買取可能となったら、その場で現金をもらえます。

ただ、古着屋の店頭に喪服を置いても、売れる可能性は低いため、着物の買取はやっていても、喪服は買い取らない店舗がほとんどです。

 

フリーマーケットやオークション

業者ではありませんが、最近人気のフリマアプリやネットオークションを使って、自分で喪服着物を売買することも可能です。

自宅にいながら売買できるので、とても便利ですが、あまり需要のない喪服着物がフリーマーケットやオークションで売れる可能性は高いとはいえないでしょう。

自分で価格を設定できるという利点があり、売れれば、思わぬ高収入が得られるかもしれませんが、汚れやシミ・シワ、ほつれなど、着物の状態は、業者に買い取ってもらう以上に細かくチェックして販売しないと、あとからクレームがくる恐れもあります。

 

着物買取専門業者

着物買取専門業者は、上記3つの業者のデメリットをすべてクリアしています。

着物買取専門業者は、国内はもちろん海外にも販路があるので、リサイクルショップや古着屋に比べると、需要が見込まれ、その分買取価格も高くなります。

また、店舗買取だけでなく、宅配買取、出張買取も行っていて、出張買取を依頼すると、着物専門の査定員が自宅まで来て喪服を査定してくれます。

訪問や査定に関わる費用はかかりませんし、家にいながら、査定してもらえ、査定額に納得したら、その場で買取額を受け取ることもできます。

もちろん、納得がいかない場合は、キャンセルも可能です。

相手はプロの査定員ですから、オークションやフリマプリなどの個人間売買のようにクレームを受けるリスクもありません。

家にいながら、安心して喪服着物を売りたいと思っている方は、着物専門の買取業者の出張買取がおすすめです。

礼子
喪服だけでなく、着物の買取を依頼する場合は、着物の知識がある人に査定してもらうことが一番のポイントだと思います!

その点でも、着物買取専門業者がおすすめです

 

喪服着物を買取査定に出すならここがおすすめ

喪服の着物を買取査定に出すなら、次の3つの業者がおすすめです。

バイセル

 

喪服は査定額がつきにくいですが、それでも1円でも高く買取してもらえたら、最高ですよね。

そこで、喪服を買取してもらいたい方に私が特におすすめする買取業者はバイセルです。

私がバイセルをおすすめする理由としては・・

  • 出張料・査定料・買取キャンセル料が無料なので見積もりだけの依頼も可能
  • 着物の買取を得意としているため高価買取が可能
  • 依頼から査定までが早い
  • 着物の買取金額についての詳しい説明をしてくれる
  • 対応が親切丁寧で、買取前の説明やアフターフォローも充実している

という特徴があげられます。もちろん喪服の買取も受け付けています。

私も今まで数回査定を依頼しましたが、喪服を含め他にも着物や小物を買取してもらって思わぬ臨時収入を得る事が出来ました!

よろしければ是非買取を依頼してみると良いですよ。お問い合わせだけでも親切に対応してもらえます。

 

バイセルを利用した人の口コミ

40代女性

先日、出張買取をしてもらいました。着物10着のほかに貴金属などのアクセサリーと飲まなくなったお酒などを。

査定員さんは遅刻することなく、自宅に到着してくれて、査定自体も深く鑑定している印象をもちました。

また、査定額が予想以上の金額だったのでとても嬉しかったです!機会があればまた利用したいです。

30代女性

電話での応対も丁寧で初めての自分でも安心できるものでした。

しかもすぐに買取査定に来て頂き、その場で現金になったのには驚きました。

他の品物も買取して貰い、実家の整理ができたばかりか、お小遣いにもなり助かりました。

 

 

福ちゃん

中尾彬さんと妻・池波志乃さん夫妻がイメージキャラクターになっている「福ちゃん」も、着物買取の実績が豊富な買取業者です。

HPには、「買取品目」「買取方法」「サービスの特徴」などが動画で分かりやすく紹介されていて、初めての人でも安心して買取依頼ができます。

また、買取方法は、店頭、出張、宅配の3種類から選ぶことができ、店舗も仙台から福岡まで11店舗あります。

積極的に喪服を買取しているわけではありませんが、しっかり査定してくれるので、安心して依頼することができるでしょう。

また、査定を依頼するにあたっては、個人情報の取り扱いも気になると思いますが、「福ちゃん」は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会から、個人情報保護の保護、管理状態において適切であるとうる「プライバシーマーク」を取得しているので、その点でも安心です。

 

福ちゃんを利用した人の口コミ

50代女性

着物買取で、来て頂きました。

最初の対応のコールセンターの人を始め、親切で、とても満足でした。

母が亡くなって整理をする事に始めは抵抗がありましたが今ではよかったと、思い。姉と妹を紹介する事にしました。

また改めてご利用させて頂きたいと思いました。

60代女性

時間をかけずにスピーディーに見積もりをしてくださいました。

他社では2時間かかりましたが、1枚1枚着物の説明をしてくださりながらも45分で査定を終わらせてくださりました。

早く来てくれたり、着物のタトウシを一枚ずつしっかり括ってくださったので嬉しかったです。

 

 

買取プレミアム

「買取プレミアム」は2001年に設立された、20年の実績がある総合買取業者です。

出張買取・宅配買取・持込買取の3つの買取方法から選ぶことができ、日本全国で買取サービスを受けることができます。

HPには、買取の査定対象になる着物の種類と買取相場について紹介されているので、査定依頼をする前に、ある程度自分で判断することもできますし、買取実績が豊富に紹介されているので、参考になります。

喪服の買取に関しては、コラムに詳しく記載があり、買取が難しい旨も書かれています。

ただ、だからといって買取をしないわけではなく、喪服買取に関する誠意のある姿勢が感じられます。

買取商品の一部返品に関する相談や、査定員に関する要望などを連絡することができる「お客様相談室」があるのも、利用者に寄り添う会社の姿勢の現れといえるでしょう。

 

買取プレミアムを利用した人の口コミ

40代女性

私が着物を20着とエルメスのバッグなどを買い取ってもらいました。女性査定員さんをお願いできるところに安心感をもてました。

また、出張買取ということもあり、隙間時間の有効活用にもなりました。

他の着物買取をやっている業者さんにも査定をしてもらいましたが、ここが一番高値をつけてくれたので買取をお願いしました。

また、貴金属も買い取ってもらえたので部屋が少しスッキリしました!

50代女性

出張買取サービスを利用して着物を売りましたが、自宅で着物を用意して待っているだけなのでとても楽。

査定はあっという間に終わり、すぐに査定額を掲示してくれました。想像していたよりも高い金額だったため、ありがたかったです。

買取が成立すると、その場で現金による支払いがなされるというのも魅力的です。

収納スペースと臨時収入をゲットすることが出来て大満足です。スタッフの対応も良く説明もわかりやすかったので、また利用したいです。

 

 

 

-着物・小物の価格相場, 色無地

© 2021 着物買取大辞典 Powered by AFFINGER5