【訪問査定体験記】大島紬・振袖・帯留めをバイセルに訪問査定買取してもらいました | 着物買取大辞典

バイセル 和装小物 振袖 着物・小物の価格相場 着物買取業者まとめ 紬・お召し

【訪問査定体験記】大島紬・振袖・帯留めをバイセルに訪問査定買取してもらいました

礼子
こんにちは。「着物買取大辞典」管理人の礼子です。

着物の処分に悩んでいても、初めてだと、家に来てもらうのは不安だったり、査定ってどんなことをするのか分からず、不安があるのではないでしょうか。

今回は、私が訪問査定買取をしてもらった体験談を具体的に紹介しています。

写真も一緒に掲載しているので、様子もよく分かると思います。ぜひ参考にしてください。

 

買取依頼をしようと思ったいきさつは?

着物の処分って、頭の片隅に「やらなくちゃ」って思いがあっても、きっかけがないとなかなかできませんよね。

私の場合は、大型連休中に、夫とあるモノを整理し始めたことがきっかけでした。

整理中に、仕舞ったままで忘れられていた着物を数点見つけてしまったのです。

ちょうど娘たちも帰省していたので、着物の買取の話や承諾を得て、ゴールデンウィークのさなか【バイセル】に査定をしてもらうことにしました。

礼子
こんないきさつで始まった査定の一部始終をご紹介しますね

 

バイセルに査定依頼

私は、バイセルに何度か着物の査定を依頼したことがあったので、今回もバイセルにお願いすることにしました。

ホームページから査定依頼

前回、依頼したときと同様、依頼はバイセルのホームページから行いました。

前回の様子はこの⇓ 記事で紹介していますので、よかったら見てくださいね。

【評判・口コミ】着物買取で人気の「バイセル」ってどんな会社?実際に査定をしてもらった結果は?

30分後、電話連絡がくる

ホームページから査定を依頼して、待つ事30分・・バイセルから電話がかかってきました。

今回査定を依頼したのが、大型連休中だったので、査定依頼がかなり多かったようで、午前中に依頼をしたにも関わらず、査定にこられる時間は、18時!!とのことでした

今までで一番遅かったです。

GW中は依頼が殺到!?

コールセンターのスタッフに聞いたところ、大型連休中は帰省で家族みんな集まるため、不用品を処分する際の承諾や確認が取りやすく、その流れで査定を依頼される方が多い、とのことでした。

大型連休中と連休直後は、査定が混みあう理由はそんな点にあるのですね。

ちなみにダメ元で「女性の査定員さんを指定できますか?」聞いてみたのですが、大型連休中はムリとのこと。

特定の査定員さん(※前に来てもらった査定員さん等)指定は出来そうでしたが、その人も、「遠くに出張査定に行っているため本日はうかがえない」と残念な結果でした。

まぁ仕方がないですね。

「もし、ダメだったら後日でもいいですよ!」と言いかけたのですが、「出来るだけ当日に査定に伺いたい!」というような相手の気持ちを感じたので、別の査定員さんで、その日の夕方(夜)に査定に来てもらう事にしました。

 

査定員がやってきたのは約束の時間の1時間後

そんなわけで18時くらいまで待っていたのですが、18時近くになってコールセンターのスタッフから連絡がありました。

「前のお宅で査定に時間が掛かってしまっているため、訪問するのが19時前後になってしまう」とのこと。

こんなことも初めてでしたが、こちらとしては待つしかないので、そのまま査定員さんを待ちました。

礼子
時間厳守が原則だとは思いますが、きちんと連絡をくれるのは安心ですね。業者によっては連絡なしに遅れてくるところもあるようです

バイセルの査定員が我が家にやってきたのは、19時10分頃でした。

約束の時間の1時間後でしたが、事前にコールセンターの方から連絡をもらっていたので、気にはなりませんでした。

いつもは査定員さんは1人で来るのですが、この日は2人・・若い男性社員と、ベテラン社員の方がいらっしゃいました。

若い男性社員の方は新入社員という事でした。

ゴールデンウィークも終盤だったので、道が混んでいたとのこと・・。

道路状況にかなり左右されるのは間違いないです。

玄関先で、名刺と買取品目の書いてあるパンフレット等書類を渡され、家に上げて早速査定スタートしました。

 

査定依頼した着物

今回査定してもらったのは、大島紬のアンサンブル(羽織と着物)、作家物の振り袖が1点・少し地味目な振袖が1点和装小物という事で帯留めと羽織紐も査定してもらいました。

大島紬は、日本三大紬の中でも特に生産数が多く、この日みてもらった大島紬はアンサンブル。「紬は一生ものだから!」と言って高額で仕立てて持っていらっしゃる方がとにかく多い着物です。

大島紬を証明する証紙もついていました。未使用品でしつけがついています。

裏地にスナップの跡がある以外は汚れもなく比較的キレイな着物です。

 

振袖は1着はミヤケイッセイブランドの着物。

左前の花柄に若干汚れがありましたが、それ以外はキレイな状態です。裏地もキレイでした。

もう1着は、無名のもので地味めな振袖・・豪華な袋帯を合わせれば若い娘でも十分着られる印象です。

こちらは表地、裏地ともに汚れもなくキレイです。

着物は全部、身丈は160センチくらい。裄も64~66センチくらいで、割と大きめです。

帯留めと羽織紐も・・同時に査定を依頼しました。

 

査定スタート

まずは、大島紬を査定してもらいました。

簡単に採寸をして、タブレット端末で写真を撮って、本部に送信しながら査定は進められていきます。

振袖二着も同様に査定・・ベテランの査定員さんが新人さんを教育してました。

新人さんをしっかりフォローしてる姿が印象的でした。

帯留めと羽織紐も・・同時に査定。写真には納まりませんでしたが、小さな虫眼鏡的なもので傷などをチェックし重さも計量器で測っていました。

今回、帯留めは18Kではなかったので、金かどうかの判定などはしていませんでした。

手早く査定が終わり、本部に写真を確認してもらい、正式な査定額が出るまで、数分待ちます。

その間、どの品物がよくお問い合わせがあるのか、どのようなものが高額査定につながるのかを惜しみなく教えてくださいました。

ちなみに、古物の買取のお問い合わせの7~8割は着物で、実際に見る品物も7割近くが着物だとの事。

貴金属以外にも、古銭や切手、ブランド品なども査定は承っているけれどもとにかく着物の査定が多い、と言っていました。

やはり、それだけ、着物を持て余していて悩んでいる方が多いということですね。

礼子
査定員さんとの雑談は、今後、査定してもらう時にとても役に立ちますから、積極的におしゃべりしましょう

 

査定結果は

査定額が出ました。

今回は、振袖、帯留め、大島紬全て合わせて買取価格 4,000円 という厳しい結果になりました。

なぜ、ここまで安いのか?その理由をいろいろと話を聞くことができましたのでシェアします。

注意ポイント

バイセルの方から後日連絡があり、査定金額は、時期などにより金額に差が出るため、必ずしもこの金額になるとは言えず、金額が保証できるものでも無いとのことです。状態などによっては値段がつけられないこともあるそうです。

 

査定内容を具体的に教えてもらいました

今回査定してもらった品物に、どうして高額査定がつかなかったのか、その理由を教えてもらいました。

大島紬の査定について

大島紬は・・単純に生産数がとても多く希少価値がないとのことです。

紬は織りの着物で、染めの模様などで訪問着にしてないもの以外は、全て小紋扱いとなるため、普通の小紋の着物よりも若干高い値段しかつかないそうです。

 

振袖は、ミヤケ・イッセイの可愛らしい今風?の振り袖のほうが安い値段になりました。

作家物の着物?ということで期待していたのですが、査定理由は

振り袖の査定について

高額になるのは「着物作家」といって着物の染めや織りを専業にしている有名な作家さんのもので、洋服などを手掛けているデザイナーさんの着物は、そこまで高額にならないとのこと

査定額が安い理由は、今風の色柄で成人式だけでしか着る事が出来ない柄であるから・・という事でした。

 

帯留と、羽織紐、両方とも本珊瑚のものだったのですが、こちらも買取価格としてはすごく安かったです。

小物の査定について

今、需要がある珊瑚石は、このような淡い色の珊瑚ではなく、濃い赤の珊瑚だそうです。

昔は、血の色みたいで気持ちが悪いと言われたそうですが、今は海外の方が主なターゲットなので、濃い赤が好まれるとか。

 

査定の理由に納得したので、買取に承諾することにいたしました。

礼子
ここまでが、私がバイセルに出張依頼をしたときの体験談です。

次に、今回査定依頼した大島紬や振り袖などの買取依頼をする際に気をつけることや、高値になるポイントについて、査定人から聞いた情報などももとに紹介しますね

 

大島袖・振袖・帯留めの買取で気を付けるべきこと

大島紬や振り袖、帯留めの買取で気をつけるべきこと、どんなものが高く売れるのか、私なりに理解した内容を紹介しましょう。

 

どんなものが高く売れるのか?

大島紬、振り袖、帯留め、それぞれについて説明しましょう。

大島紬は?

日本三大紬を、価格相場の順番で並べると、次のようになるそうです。

牛首紬 > 結城紬(塩沢紬など)> 大島紬

大島紬も、奄美大島で生産された紬は若干買取価格が高くなると言っていましたが、あくまでも、若干!とのことでした。

証紙があれば高価になる!と私は聞いていたのですが、実際のところは証紙が無くても、査定額は1~2割くらいしか落ちないそうです。

どちらにしても、大島紬はたくさん出回っていて小紋扱いになり、持っている方も多いので、高い値段を付けるのが難しいとのことでした。

ただ、大島紬でもマルキが高いものや、都喜ヱ門の白大島など有名織元のもので希少性の高いものの場合は、思わぬ高値が付くこともあるそうです。

 

振り袖は?

振袖に関しては、20代向けの若い色柄のものは特に安くなるようです。

逆に、成人式で着た着物でも、色柄が地味めのものだと、年齢を重ねてからでも袖を切って訪問着に仕立てたりできるという理由で、地味めのもののほうが高額査定されます。

礼子
20~30代の女性で着物を着る人が少ないため、若い人向けの色柄の価値が下がってしまうのは、当たり前と言えば当たり前なのですが、寂しい気もしますよね。

 

帯留めと羽織紐など小物は?

最近は、海外からの旅行客が着物をレンタルして着たり、帯留めなどをお土産で購入するなど、着物の小物の需要は外国の方の方が多いようです。

日本人は、どちらかというとピンクや白などの淡い色を好む傾向がありますが、海外の方は濃い色の帯留めを好みます。

また、帯留めによく使われているヒスイや象牙なども、買取価格は安くなってしまうとのことでした。

帯留めの金具が18Kの場合、重さなどで変動はしますが、高額査定につながることもあるようです。

礼子
やっぱり素人には分からない査定のポイントがあるんですね。でも、どちらにしてもキレイにたたんで、虫がつかなようにしっかり保管しておくことも大事なポイントですよ

 

どんな状態のものでも売れる?

着物はどんな状態なものでも売れるのでしょうか?

査定人によると、

「傷、汚れ、破損具合によっては買い取ることが難しい場合もある」とのことです。

ただ、「どうせ買い取ってもらえない」と一人で判断せず、まずは買取業者に相談してみることをおすすめします。

査定してもらうのは無料ですから!

 

バイセルでの買取が最適だったのか?

今回、私はバイセルに買取を依頼しました。

バイセルでの買取が最適だったかどうかは、他の業者と査定額を比較していないので、はっきりと答えを出すことはできません。

ただ、今回も含め、バイセルを何度も利用しているのは、次のような理由があるからです。

  • 出張料・査定料・買取キャンセル料が無料で、見積もりだけの依頼も可能であること
  • 着物の買取を得意としているため信頼できること
  • 依頼から査定までが早いこと
  • 着物の買取金額についての詳しい説明をしてくれること
  • 対応が親切丁寧で、買取前の説明やアフターフォローも充実していること

着物の買取に関しては、やはり着物に関する知識が豊富なところにお願いしたいですよね。

査定額が低くても、なぜその額になるのか?査定結果をきっちり納得のいく説明をしてもらえたら、信頼ができます。

他にも着物買取業者はいくつかあるので、この先、別のところで査定をしてもらうことはあるかもしれません。

でも、着物の買取を考えたとき、真っ先に名前が浮かぶのは「バイセル」だと思います。

 

他に買取可能な業者は?

他にも次のような着物買取業者があります。

福ちゃん

「福ちゃん」は、中尾彬さんと妻・池波志乃さん夫妻がイメージキャラクターになっている買取業者です。

HPには、「買取品目」「買取方法」「サービスの特徴」などが動画で分かりやすく紹介されていて、初めての人でも安心して買取依頼ができます。

また、買取方法は、店頭、出張、宅配の3種類から選ぶことができ、店舗も仙台から福岡まで11店舗あります。

査定を依頼するにあたっては、個人情報の取り扱いも気になると思いますが、「福ちゃん」は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会から、個人情報保護の保護、管理状態において適切であるとうる「プライバシーマーク」を取得しているので、その点でも安心です。

 

 

買取プレミアム

「買取プレミアム」は2001年に設立された、20年の実績がある総合買取業者です。

出張買取・宅配買取・持込買取の3つの買取方法から選ぶことができ、日本全国で買取サービスを受けることができます。

HPには、買取の査定対象になる着物の種類と買取相場について紹介されているので、査定依頼をする前に、ある程度自分で判断することもできますし、買取実績が豊富に紹介されているので、参考になります。

また、買取商品の一部返品に関する相談や、査定員に関する要望などを連絡することができる「お客様相談室」があるのも、利用者に寄り添う会社の姿勢の現れといえるでしょう。

 

 

 

どんな着物も実際に査定してもらわないと本当の価値は分からない

今回の査定では、予想していた価格より低い査定額が出て、正直少しがっかりしました。

それでも、少額ではありましたが、娘とランチできるくらいのお金が手に入りました。ごみに出してしまったら現金は1円も手元に残りませんからね。

なにより、思いの詰まった着物を捨てられて焼却処分されることなく、次に着る方につなげられたといった意味では、個人的には「よかったかな」と思いました。

着物の知識がないと、「こんな古い着物、売れるわけがない」と決めつけてしまいがちですが、どんな着物も、まずは査定してもらわないことには、どれくらいの値段がつくかどうかは全く分かりません。

査定は無料でやってもらえますし、万が一、査定金額に納得がいかなければその場でキャンセルも可能です。

着物の処分に困っている方は、ゴミとしてしまう前に、まずは査定に出してみることをおすすめします。

 

礼子
査定してもらったら、思いがけず高額査定が出る可能性もありますし、買い取ってもらうことで、着物は別の人のもとで生かされます。

箪笥の中にしまい込んでおくより、着物のためにも、ぜひ査定を利用して、着物を生かしてあげてくださいね

 

 

-バイセル, 和装小物, 振袖, 着物・小物の価格相場, 着物買取業者まとめ, 紬・お召し

© 2021 着物買取大辞典 Powered by AFFINGER5