着物買取大辞典

スピード買取出張査定記録1・未使用品の黒留袖を査定してもらいました

着物を買取ってもらいたいけど・・出張査定は押し買いが怖くてとても心配。

インターネットを見ていると買取業者に関しては本当にいろいろな評判や口コミが飛び交っているので

出張査定を利用するのが怖い・・という方はとても多いと思います。私もそうでした。

そこで、今回は夫の居る日曜日に、スピード買取.jpの出張査定を実際に初めて依頼してみました。

どのような流れで査定を受けるのか、私の黒留袖はどのくらいの値段がついたのかを
実際に査定をしてもらったときのことを、写真を交えて書かせて頂きたいと思います。

着物を出張買取で査定してもらいたいけれど、でも実際のところはどんな感じなの?家に査定員さんをあげるのは少し不安・・

と考えている方は、私の体験談を参考にしていただければ嬉しいです。

まずはホームページから依頼をしてみました。

スピード買取.jpのホームページに行き、坂上さんの下にある赤いボタンをクリックすると

査定依頼フォームにたどり着くので、そこで住所、名前、電話番号、メールアドレスを記載して
黄色のボタンの「まずは無料で試してみる」を押します。

※電話が掛かってきたときにおっしゃっていたのですが、スピード買取さんはプライバシーマークを取得しており

第三者に個人情報を漏らしたりすることはないと言われました。

記入項目も、他社さんに比べて少なめで、分かり易い印象です。

ホームページから依頼をしたのが午前11時ちょうど・・査定の申込みをしてから約20分後に電話が来ました。

もしかしたら、日曜午前中だったから込み合っていたのかな?

車の中古車査定を以前してもらった時は、ネットで申し込んで1分もしないうちに連絡来たことがありましたが、そこまで早い訳ではないようです。

電話を掛けてきたのが、スピード買取.jpを運営する(株)バイセルテクノロジーの女性の方でした。
コールセンターの方も全て社員さんだということでとても親切丁寧な対応で好感が持てました。

>>スピード買取.jp公式サイトはこちら

着物買取・出張査定申し込みの際の電話で聞かれる事

最初に、電話で買取査定を依頼する品について簡単にざっくり聞かれました

(査定依頼する品物の種類、着物なら何枚くらいあるのか?等)

何を査定するかをお伺いする事で、その品目に知識のある経験豊富な査定員さんを派遣するとのことでした。

また、女性査定員さんを指定することも出来るのですが、

査定員の数としては男性査定員の割合が多く、女性の査定員さんは少ないので

日程と時間の調整が難しい事があるという事でした。

今回、依頼したのが日曜日で、コワモテの夫が在宅しているので

(夫にはこの日別室で待機してもらいました(笑))

あまり不安もなく・・男性査定員さんに頼むことにしました。

そのあと、貴金属やブランド、古銭、古切手、お酒等も買取りをしているが、

着物以外にも査定してほしい商品はありますか?とも聞かれました。無いと答えても全く嫌な感じは全くなく、


もし、後で他にも査定してほしいお品がありましたら査定時でも伺えますのでお気軽に声をかけてください

との事でした。

あと、所有する着物は全て私のものか?ということと依頼した私自身の年齢を聞かれました。
査定時までに運転免許証などの身分を証明できるものを用意しておいて頂きたいとお願いがあったのと

※身分証の提示は、古物取引法で義務づけられていますので必ず用意しておきましょう!


1・値段がつかない場合は買い取れない場合もある
(全ての着物を持って帰れるわけではない)
2・キャンセル料、査定料などは一切かからない

と言う事をくれぐれもご承知おきくださいと言われました。

簡単な質問や説明の後に、出張査定の日時を決めることに

このあと、出張査定の日程、時間を決めていきます。申し込みの際に住所を入力しているので、

コールセンターの人は入力した住所をもとにgoogleマップであらかじめ、私の住所の場所などを確認し

その時派遣できる査定員さんを探してもらい、日時を提案してくれます。

1時間単位で査定時間が決められており、私と業者さんの都合が合う午後2~3時頃に来てもらえる事になりました。

当初は12時に~1時の枠で伺いますとおっしゃっていたのですが私がまだお昼ご飯を食べていないので(笑)

もう少し経ってからお願いしたいと申し出ました。

ネットで査定依頼をして・・30分とまではいかないですが、こちらの都合さえよければ1時間以内に出張査定に来ていただけていたということで

その名の通り、都合さえ合えばすぐに査定に来てくれる!というのは本当です。

査定の約束の2時5分前に、出張査定に来て下さる査定員さんから電話がかかってきて。

その時に、近隣に車を置くスペースがないかどうか聞かれました。

私の家の車庫は一応2台駐車スペースがあるので、そちらを使って頂くことにしました。

無い場合はコインパーキングなどに駐車をすることもあるそうですが、もしその場合でも一切費用は掛からないとのことです。

>>スピード買取.jp公式サイトはこちら

査定員さんが我が家にやってきました。

お昼ご飯を食べて、ゆっくりしていると、2時ぴったりに、査定員さんが来てくれました。

思っていたよりも、好青年でさわやかな、物腰柔らかい若い男性の査定員さんでした。

若い人から見ると「イケメン」と言われるのかもしれませんね。

最初に、査定員さんの名刺と、会社案内のパンフレットを渡され

査定をする前に、法令を遵守した取引をするための説明書?みたいなものを一緒に一読して

納得できたら査定をする・・という事でした。


今回私が見てもらったのが、しつけ付きの未使用の黒留袖。落款や証書がつくような作家物ではなく、無名のものです。

持っている方も多いのではないでしょうか。

いつかは結婚式で黒留袖を着てみたいなと思い、その昔中古着物を扱っている呉服屋さんで購入したものの

(新品は卸売でもお値段が張ってしまうので、私は職場では買う事はできませんでした・・。)

私の子供が結婚する際は、結婚式を挙げなかったり、遠方の海外挙式だったりで全く着る機会が無く

箪笥の肥やしになっていました・・

買ったときは未使用品(新古品)で、私も試着以外は着用していない
という状態です。

事前の説明を終えたところで、上記の黒留袖を査定してもらいました。

まず、着物の状態を少し広げて確認して、メジャーなどで着物の寸法を測っていきます。

その際、査定員さんだけの独断で値段を決めるのではなくタブレットで査定した着物を撮影し、

本部社員からもお伺いを立てて査定額を決めていく・・という感じで査定は行われていきます。


※この日遊びにきていた孫娘の足が写ってしまいました^^;申し訳ございません。

査定の際に、査定額のお値段の理由や内訳はきちんと教えてくれます。

この日、私は留袖のほかにも、袋帯も3点ほど買取してもらったのですが予想していたとはいえ、正直安いなぁ・・・と思いました。

買取金額の詳細などは下記に書いていきますね。

未使用品の古い黒留袖は900円、袋帯は1本200円でした。

まずは、10年以上前に購入した時点で中古品(未使用品)の留袖は900円でした。

なぜ、値段がこれしかつかなかったというとやはり、

10年以上前の着物であるという事と、落款や証書がつくような作家モノではないからということでした。帯に関しても同じです。

また、留袖は、訪問着や付下げに比べて着る機会が限られてしまうため、

欲しがるユーザーさんも限られてしまうので安くなる傾向があると言われました。

もし、これが作家モノであれば数千円~1万円弱くらいの値段がつくという事でした。

※追記:後日・・作家モノの訪問着をスピード買取.jpで出張査定してもらったのですが
1着で15000円という高い値段がつきました・・その時の出張査定・買取の記録をこちら↓の記事に記載しましたので、興味のある方はご参考にどうぞ。

>>「スピード買取.jpで作家モノの訪問着を査定してもらいました」

やはり、高く売れる着物の順位としては↓

訪問着&付下げ>振袖>色無地(一つ紋付き)>色留袖>黒留袖>小紋

という順位になってしまうと査定員さんがおっしゃっていました。

また、紬なども買取は実施していますが、牛首紬などの生産数が少なく

希少価値の高い着物は高値で取引されることもありますが、

大島紬は市場で取引されている数が多いので、これもマルキの数や寸法などによるのですが

数千円台のものが多いとのことでした。

また、証書がないと、その着物の産地や織元が証明出来ないためどうしても数百円~数千円になってしまう・・とのことでした。
織元の工房の落款などがあれば証明できることもありますが、証書はあったほうが望ましいです。

先ほど写真を撮った着物を本部の社員さんが確認した後、正式に査定金額の決済が下りてから
査定金額の提示がされます。そこで納得がいけば買取の手続きに進みます。

もちろん、キャンセルも可能で、「何としてでも買い取らせろよ!」みたいな対応などは微塵もありませんでした。

キャンセルしても何も問題はありません。

>> スピード買取.jp着物買取公式サイトはこちら

最後に、本部の方と直接電話でお話しし、売買契約書と買取承諾書を一読してサイン→現金が支払われます。

私が金額に納得をして買取を承諾すると、査定員さんから


「本部の方にご本人さまに買取の意志を本部にて直接電話確認をする決まりになっておりますので
お手数ですが、お電話にて意志確認を取らせて下さい。」

と言われ、査定員さんのスマホを片手に本部の社員と少し話すことに・・一分くらいだったと思います。
そのお電話で聞かれたこと、言われた事は、(全部は覚えていないのでおおよそですが)


・査定員の態度や説明に問題点、疑問点はなかったか
・査定価格には納得した上で買取のご承諾をされているか
・査定員が帰った後30分後にもう一度アフターフォローの電話を入れるが都合はどうか

電話が終わると、査定員の方から売買契約書と買取承諾書を一緒に読んで

確認してどちらも署名をしたあとに、買取金額が現金で支払われます。

今回実は。。親族から譲り受けたデザインの古い貴金属も一緒に査定してもらったので
全部で買取価格は3万円でした。着物と帯だけだと1500円でした。

査定員さんが帰る時、着物や帯はこのような風呂敷に包まれて車に乗せられていきました。

最後に、お仕事で乗ってきた営業車をみせてもらったのですが


会社のロゴや社名などは一切記載されていない普通乗用車でした。

「もしかして自家用車ですか?」と訪ねてみたところ、会社の車だということです。

これならばご近所さんに買取業者を頼んだこともばれなくてすみそうです。

私はあまり気にしませんが、気にされるかたもいるかと思いましたので写真に撮らせていただきました。

家に査定に来てもらってから帰るまではちょうど1時間でした。こちらの査定員さんは、これから山梨まで買取の出張に行くそうです。

本当に頭が下がります。お疲れさまでした。

査定員さんが帰られてから、ちょうど30分後に(株)Buy sell technologyの本社からアフターフォローの連絡がありました。

査定員さんがそばに居ると言いづらい事など、断りづらい事などあるとおもいますがいかがですか?

という種類の質問が多かったですが

私は「いずれも問題ございませんでしたよ。」と話しました。

査定員さんが居たけど聞きそびれてしまった・・という事があればここで聞いても充分対応してもらえます。

>> スピード買取.jp公式サイト

スピード買取の出張査定を終えてみて・・予想&評判以上に親切丁寧な対応にビックリでした!

今回、スピード買取.jpで出張査定を依頼してみて思った事が

ちょっと承諾や確認事項が多くて面倒くさいなと思った部分はあったのですが

押し買いや無理な買取のオススメなどは全くなく

むしろ親切すぎるのではないか?と言うくらい低姿勢で、対応は非常に終始親切丁寧でした

黒留袖に関しては・・あまり値段がつかなかったのは残念ですが

使っていないとはいえ古くてノーブランドの着物なので

どの会社で査定してもらっても大差はないという印象です。

スピード買取.jpは、坂上忍さんを起用したテレビCMなども放映されており
有名な会社ですので

ネットで調べると様々な口コミや評判があります。

2014年には消費者庁に押し買い行為で行政処分を受けているという事もわかりました。
※その時スピード買取を運営していたのは(株)ランドという会社です。

逆に言えば・・ですが、いろいろな失敗やトラブルがあってそれを乗り越えてきたからこそ

今現在は、とにかく信頼を取り戻すために様々な工夫をしている姿勢が垣間見えました。

何も知らない私は「そこまでしなくてもいいのでは?」なんて思ってしまったくらいですが(笑)

過去の教訓があるからこそ買取時の説明や契約時、そして

アフターフォロー等がここまで親切丁寧なのだなとも思いました。

働いているかたの待遇などは私は分かりませんが、

あまりインターネットの悪い評判を信じすぎるのも

いかがなものか・・と今回の出張買取を経験してみて思いました。

すぐに出張査定だけでもしてもらいたい!今持っている着物の値段を知りたい。

出張買取は押し買い行為とかが怖くてちょっと不安。。

着物がたくさんありすぎて、値段が付くものだけでもすぐに持って行ってもらいたい!

と思われている方には、特にオススメしたい買取業者です。

 

今まで数社に、着物を出張査定してもらった中で

大事にしてきた着物をどうにかしたい!と悩んでいるお客さんに対して

ここまで親切、丁寧に対応してくれる業者さんは正直いなかったですよ。

 

そんな訳で、スピード買取.jpならば安心して

無料で査定を依頼することができますよ。査定だけの依頼も喜んで引き受けてくれますし・・よろしければぜひ^^

スピード買取.jp公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。