反物・未仕立て品(仮絵羽)の買取価格相場とおすすめの買取業者は? | 着物買取大辞典

反物 着物・小物の価格相場

反物・未仕立て品(仮絵羽)の買取価格相場とおすすめの買取業者は?

礼子
こんにちは。「着物買取大辞典」管理人の礼子です。

着物の反物や未仕立て品が・・仕立て忘れてしまって家でもてあましているという方も多いと思います。

反物は、着物を仕立てる前の、布がまかれている状態のものですがこちらも、買取を実施している業者がたくさんいます。

そこで、今回は反物や未仕立て品(仮絵羽)の着物の価格相場やおすすめの買取業者をお伝えしたいと思います。

 

反物・仮絵羽とは?

「反物」のことは何となく知っているけれど、「仮絵羽」という言葉は初めて聞いた…という方も多いのではないでしょうか?

そこで、あらためて「反物」と「仮絵羽」について説明しましょう。

「反物」とは?

「反物」は着物を仕立てる前の、着物一枚分の一反の生地を筒状に巻いた状態のものをいいます。

長さは一定ではありませんが、幅9寸5分(約36cm)✕長さ3丈(約12m)を目安に織られる「三丈物(さんじょうもの)」が一般的です。

ただ、最近は、日本人の身長や体格が大きくなったため、長くて幅の広い幅広(はばひろ)と呼ばれる反物も多く生産されています。

「仮絵羽」とは?

「仮絵羽」は、「かりえば」と読みます。

「仮絵羽」とは、反物の状態では柄のイメージが分かりにくい着物を仮縫いし、着物の形に仕立てたものの事をいいます。

仮絵羽の状態にすることで、柄のイメージが出来るので留袖、色留袖、訪問着、振袖などの着物は、「仮絵羽」の状態で展示会やお店に陳列されます。

(画像:「京都 手しごと案内帖」より)

礼子
仮絵羽は、本仕立てとは違いますが、熟練の縫い子さんでも、ひと針ひとはり丁寧に縫うため、何時間もかかる、とても根気のいる仕事なのよ。

 

反物・仮絵羽は買取してもらえるの?

では、「反物」や仮縫いの状態にある「仮絵羽」は買取りしてもらえるのでしょうか?

結論から言うと、着物の買取を行っている業者であれば、反物や仮絵羽の買取もしてもらえる可能性があります。

ただ、やはり需要があるのは着物で、反物や仮絵羽は買取が難しかったり、査定額が低くなるケースが多いようです。

 

反物の査定価格は着物より低い

反物と言っても、「絹」「木綿」「化繊(プリエステル)」「ウール」「麻」などさまざまな素材や柄があり、それによって査定額は異なります。

反物の査定相場

  • 絹や木綿…10,000円~30,000円
  • 正絹…30,000円~40,000円
  • 伝統工芸品の織物や人間国宝作の反物…60万~100万
  • ポリエステルなど化学繊維の反物は、素材の痛みや汚れ具合によっては買取できない場合もあり

上記の査定額は、あくまでもめやすで、反物は、素材や柄、ブランドによって大きく価格が大きく変動します。

また、痛みや汚れがあるものは、買取が難しい場合もあります。

着物の買取相場

  • 木綿・麻の着物…1,000円~
  • 正絹の着物…1,000円前後~100,000円以上
  • 化繊やウールの着物…100円~1,000円以上
  • 伝統工芸品…5,000円~250,000円以上
  • 作家物…15,000円~700,000円以上
  • アンティーク着物… 500円~80,000円以上

着物も、反物と同様、状態によって査定額が変わりますが、着物の方が反物より全般的に査定額は高い傾向にあります。

 

着物のほうが高く売れる理由は?

なぜ、着物の方が高く買い取ってもらえるのでしょうか?

反物や仮絵羽より仕立て上がりの着物の方が、査定額が高くなる主な理由としては・・

着物の方が査定額が高い理由

  • 買取業者は「すぐ袖が通せる商品を、出来るだけ早く売りたい」と考えるため
  • 仕立代のコストがかかってしまうため

という理由が考えられます。

買取業者としては、自社で販売する場合は、なるべく在庫をしないで、新しく仕入れたものを早く販売したいというスタンスなので、仕立て上がっている着物のほうが、反物に比べると高く買取するようです。

また、反物や仮絵羽のような未仕立て品は、仕立てて販売すると、仕立代のコストがかかってしまうため、その分どうしても値段は下がってしまうそうです。

礼子
買う立場から考えても、反物より着物の方がイメージしやすくて購入しやすいわよね

 

反物を高く買取してもらうポイントは?

着物より査定額が低くなってしまう反物ですが、買取依頼をするならできるだけ高く買い取ってもらいたいですよね。

そのためのポイントを次に紹介しましょう。

「正絹」の反物

さきほども説明しましたが、反物の素材には主に「絹」「木綿」「化繊(プリエステル)」「ウール」「麻」などがあります。

最も高級な素材は絹で、その「絹」の中でも混じり物のない「正絹(しょうけん)」が高級品とされ、買取額も高くなります。

絹の重さは「匁(もんめ)」という単位で表され、匁が大きいほど絹を多く使っていることを表すため、高級品とされる傾向にあります。

礼子
匁(もんめ)は、尺貫法の単位のひとつで、反物だけでなく、和菓子の業界でも使われているのよ。ちなみに、一匁は3.75gです。

 

有名作家や伝統工芸品の反物

着物と同様、反物も有名作家や有名産地ものは、高い査定額がつきやすいと言われています。

例えば、重要無形文化財「友禅」の保持者・上野為二氏、加賀友禅の染織家・人間国宝の木村雨山氏などの反物は、高値で買取されています。

また、国の重要無形文化財に指定された茨城県や栃木県で生産される「結城紬」や、奄美大島を本場生産地とする伝統的工芸品「大島紬」、「西陣織」や「博多織」も人気があり、高い査定額がつきやすいでしょう。

 

証紙がある

有名作家ものや作家ものや伝統工芸品の反物には、高い査定額がつきますが、その品質を保証するためには「証紙」が必要です。

証紙には、その反物の作家・産地・染め方・織り方・素材などが記されていて、査定時に証紙があれば、本物の作家ものや伝統工芸品であるという証拠にもなるため、証紙が無い場合より高額になる可能性があります。

 

保管状態のいい反物

反物も着物と同様、保管状態がよいものは買取査定額が高くなります。

作家物や伝統工芸品の反物であっても、カビや汚れ、シワなど布地の状態が悪い場合は、査定額が低くなったり、場合によっては買取してもらえないこともあります。

長期間、箪笥にしまいっぱなしの反物は、虫食いやカビの影響を受けやすいですから、保管状態を確認し、状態がよいうちに査定に出すことをおすすめします。

礼子
できるだけ高く買い取ってもらうためのポイントは、反物も着物も同じですね。

保管状態はちょっとした努力で改善できますから、買取を考えている方はまず反物の保管状態を確認しましょう!

 

反物の買取可能な業者の種類

実際に反物の買取を行っているのは次のような業者です。

反物の買取が可能な業者

  • リサイクルショップ
  • フリーマーケットやオークション
  • 着物買取業者

リサイクルショップ

家の近所にリサイクルショップがある方もいるのではないでしょうか。

リサイクルショップは店舗数も多いので、一番手軽で行きやすい場所かもしれません。

また、反物の買取を行っている店舗に直接品物を持ち込めば、その場で買取額を出しもらえます。

ただ、すべての店舗で和装類の買取を行っているわけではなく、特に反物の買取を行っているお店は少ないでしょう。さらに、着物専門の査定員がいないため、価値の高い反物でも、高値がつかない可能性が高いでしょう。

 

フリーマーケットやオークション

最近人気のフリマアプリやネットオークションを使って、自分で反物を売買することも可能です。

自宅にいながら売買できるのでとても便利ですが、反物の需要は少ないためフリーマーケットやオークションで売れる可能性は高いとはいえないでしょう。

フリーマーケットは、自分で価格を設定できるという利点があって、売れれば思わぬ高収入が得られるかもしれませんが、品物の状態によっては、業者に買い取ってもらう以上に細かくチェックして販売しないと、あとからクレームがくる恐れもあります。

 

着物買取専門業者

着物買取専門業者には、着物専門の査定員がいるため、状態のよい反物は、ちゃんとその価値を見極めて買取をしてもらえます。

また、国内だけでなく海外にも販路があり、より多くの需要が見込まれ、その分買取価格も高くなります。

宅配買取や出張買取を行っている点もメリットで、出張買取を依頼すると、着物専門の査定員が自宅まで来て反物の査定してくれます。

訪問や査定に関わる費用はかかりませんし、家にいながら、査定してもらえ、査定額に納得したら、その場で買取額を受け取ることも可能です。

反物と一緒に着物や小物類を査定してもらうことができますし、家にいながら、安心して反物を売りたいと思っている方は、着物専門の買取業者の出張買取がおすすめです。

礼子
反物の買取をお願いする場合、やはりその品質をしっかり見極めてくれる専門の査定員がいることが大きなポイントでしょう。
その点では、やはり着物買取専門業者がおすすめです

反物の買取査定におすすめの買取業者

最後に、反物の買取査定を依頼するのにおすすめの買取業者を紹介しましょう。

バイセル

 

私が特におすすめする買取業者は【バイセル】という着物買取業者です。

バイセルをおすすめする理由は次の5点です。

  • 出張料・査定料・買取キャンセル料が無料なので見積もりだけの依頼も可能
  • 着物の買取を得意としているため高価買取が可能
  • 依頼から査定までがとにかく早い
  • 着物の買取金額についての詳しい説明をしてくれる
  • 対応が親切丁寧で、買取前の説明やアフターフォローも充実している

私も今までバイセルに4回ほど査定を依頼しましたが、買取金額の詳しい説明もしてくれますし、着物の買取を得意としているので反物の買取に関しても信頼ができます。

問い合わせだけでも親切に対応してもらえますから、反物の処分に困っている方は相談してみてはいかがでしょう?

バイセルに買取依頼をした人の口コミ

40代女性

先日、出張買取をしてもらいました。着物10着のほかに貴金属などのアクセサリーと飲まなくなったお酒などを。

査定員さんは遅刻することなく、自宅に到着してくれて、査定自体も深く鑑定している印象をもちました。

また、査定額が予想以上の金額だったのでとても嬉しかったです!

機会があればまた利用したいです。

50代女性

ネットで調べた時に、最も印象に残ったので依頼しました。自分から出向くことなく、自宅にいながら見積もり、買取してもらうことができ、ありがたかったです。

こちらが負担するものは無く、安心して買取してもらえました。きめ細かい対応で、ありがたかったです。着物の買取は初めてでしたが、満足です。

 

 

福ちゃん

2つ目は、中尾彬さんと妻・池波志乃さん夫妻がイメージキャラクターになっている「福ちゃん」です。

福ちゃんも着物買取の実績が多く、HPには、「買取品目」「買取方法」「サービスの特徴」などが動画で分かりやすく紹介されていて、初めての人でも安心して買取依頼ができます。

また、買取方法は、店頭、出張、宅配の3種類から選ぶことができ、店舗も仙台から福岡まで11店舗あります。

査定を依頼するにあたっては、個人情報の取り扱いも気になると思いますが、「福ちゃん」は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会から、個人情報保護の保護、管理状態において適切であるとうる「プライバシーマーク」を取得しているので、その点でも安心です。

福ちゃんに買取依頼をした人の口コミ

50代女性

着物、宝石などを売ることが出来ました。

捨てようと思っていた物を買い取りして頂き、大変感謝してます。

新しく出来た岡山から来ていただき助かりました。

60代女性

着物についての説明を1枚ずつ説明していただいたので、理解できた上で売却できたのでよかったです!

他にも古いハガキや貴金属じゃないアクセサリーまで買い取ってもらえたので、母も喜んでいました。またお願いします。

 

買取プレミアム

「買取プレミアム」は2001年に設立された、20年の実績がある総合買取業者です。

出張買取・宅配買取・持込買取の3つの買取方法から選ぶことができ、日本全国で買取サービスを受けることができます。

HPには、買取の査定対象になる着物の種類と買取相場について紹介されているので、査定依頼をする前に、ある程度自分で判断することもできますし、買取実績が豊富に紹介されているので、参考になります。

その実績を見るとわかりますが、着物の買取にも多くの実績があるため、安心して査定を依頼することが可能です。

また、買取商品の一部返品に関する相談や、査定員に関する要望などを連絡することができる「お客様相談室」があるのも、利用者に寄り添う会社の姿勢の現れといえるでしょう。

買取プレミアムに買取依頼をした人の口コミ

50代女性

実家の押入れから出てきた着物の買取をお願いしました。電話での問い合わせと申込みの際には、スタッフの方から親切・丁寧な対応をして頂けたので安心感がありました。

売りたい着物と指定された書類をダンボールにまとめて発送するだけだったので、手間や時間がかかりませんでした。

査定結果が出るまでに日数が少しかかった点に不満を感じましたが、買取金額が思っていたよりも高かった事もあり、結果としては満足しています。

銀行口座への振込もスピーディーでまた要らない物が見付かれば利用したいと感じました。

60代女性

出張買取サービスを利用して着物を売りましたが、自宅で着物を用意して待っているだけなのでとても楽。査定はあっという間に終わり、すぐに査定額を掲示してくれました。

想像していたよりも高い金額だったため、ありがたかったです。

買取が成立すると、その場で現金による支払いがなされるというのも魅力的です。

収納スペースと臨時収入をゲットすることが出来て大満足です。スタッフの対応も良く説明もわかりやすかったので、また利用したいです。

 

 

礼子
反物や仮絵羽は、少し特殊なものなので、買取はムリなのでは?と思う方もいると思いますが、着物買取専門の業者に依頼すれば、しっかりと査定して買い取ってもらえる可能性があります。状態が悪いと査定額は下がってしまいますが、あきらめず、一度査定依頼をしてみてはいかがでしょう?

-反物, 着物・小物の価格相場

© 2021 着物買取大辞典 Powered by AFFINGER5